美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ランクラボ

キャビテーション

キャビテーションとは?どんなことをするの?痩身効果ある?副作用・料金まとめ

投稿日:

キャビテーションといえば巷で話題の痩身エステの一種ですが、体験したことのない人にとっては謎に満ち溢れている施術方法だと思います。

その聞きなれない言葉から、「本当に安全なの……?」と不安に思ってしまう方もいるかもしれませんね。

 

そんな方の背中を後押しするためにも、今回はエステで受けられるキャビテーションの謎を解明していきたいと思います!キャビテーションについて、ぜひ知識を蓄えてみてください。

キャビテーションとは?

キャビテーションとは、エステサロンの痩身施術で、特徴としては超音波を利用して、脂肪やセルライトを分解、乳化させなくします。

つまりキャビテーションは、脂肪に直接作用して、脂肪を減らすので効果が確実にでえますので、メスを使わない脂肪吸引と呼ばれるほど。

 

エステを受けるだけで自分の望む体型をゲットでき、運動をしたり食事を減らしたりしなくてもよいので、挫折する心配もありません。

また、キャビテーションは脂肪に直接作用しますので、リバウンドの心配もありません。

 

キャビテーションの大きな特徴の1つに、超音波を体に当ててもらうだけで、痛みがまったくないことが挙げられます。

 

簡単に気になる部分の脂肪を減らすことができる施術ですので、ダイエットがうまくいかない人や、気になる部分だけをすっきりさせたい、そんな人は、格安の体験プランや月額でお安く通えるキャビテーション専用のエステサロンなどもあります

キャビテーションエステ効果ランキング|口コミで人気サロンを集めました!

このページでは、 キャビテーションエステってどんなことをするの? 人気のキャビテーションエステの口コミの評判は? キャビテーションエステは効果はある? などキャビテーションエステを検討してる人が気にな ...

キャビテーションの施術方法

店舗によって詳細な流れは異なりますが、一般的なキャビテーションエステの施術の流れについてご紹介していきますね。

1. カウンセリングを受ける

施術の前にはまず、カウンセリングが行われる場合がほとんどです。カウンセリングでは施術する箇所を決めたりするだけでなく、体重や体脂肪などを測ったり、生活習慣などについて確認されることもあります。

 

またこの際に施術の流れについても説明を受けますが、少しでも分からない点や不安な点があればその場で聞いておくようにしましょう。スタッフは親身になって対応してくれるはずです。

 

ちなみに、もしも病気や妊娠中だったりする場合は施術を見送られることがほとんどです。どうしても施術を受けたいからといって嘘をついたりしては絶対にいけませんよ。痩せたい一心で無理に施術を受けても、後に大変な思いをするかもしれないのは全て自分なんです。

2. 体を十分に温める

女性には冷え性の方も多いと思いますが、体が冷えていてはキャビテーションでも十分な痩身効果が期待できません。より脂肪を燃焼させるためには、事前に体を温めておく必要があります。

 

エステでは、サウナドームなど効率的に体を温める道具を使って十分に温めていきます。このとき大量の汗をかくことも少なくないので、事前に水分補給を済ませておくと安心です。

3. キャビテーション

体を十分に温めたら、いざキャビテーション施術の始まりです。特殊な超音波の出る器械を、事前のカウンセリングで決めた施術部位に順番に当てていきます。

 

部位にもよりますが、一部位にあてる時間は大体15〜20分程度。下半身全てを施術する場合は、50分程度かかることになります。

4. マッサージ

キャビテーションで溶かした脂肪をリンパや血液に流すために重要な役割を担うのが、キャビテーション後のマッサージです。

 

キャビテーション後は、脂肪が排出されやすい状態にはなっているもののそのまま放置してしまっては十分な痩身効果は期待できません。マッサージで揉みほぐして老廃物を流し出すことで、初めて効果を実感できるようになるのです。

 

マッサージの後にもう一度温めて代謝アップを促す場合もあります。

キャビテーションの効果が出るのはどれくらい?

キャビテーション施術をしてから効果が出るまでの期間には、やはり個人差があります。即日で効果を実感する人もいれば、数回通って初めて「痩せた」と実感する人もいます。

 

確かにキャビテーションは即効性にも期待ができる施術方法ですが、効果には個人差があることと十分な痩身効果を得るには数回継続して受ける必要があることから、5〜6回も通えばまず理想の体型には近づけると言えるでしょう。

 

ではなぜ効果が出るまでの期間に個人差があるのかというと、それはもともとの代謝の良さや脂肪の硬さ、脂肪やセルライトの量などによるものが大きいです。そのため、初回で効果が出なかったからといってすぐに辞めてしまうのではなく、数回のコースを契約して「初回で効果が出ればラッキー♪」程度に思っておくのが良いかもしれませんね。

キャビテーションの痛みや副作用について

キャビテーションそのものの施術時には、施術部位にポカポカとした温かさを感じる程度で痛みを感じることはほとんどありません。痩身エステというとどうしても痛いイメージを持つ方も多いと思いますが、キャビテーションにはその心配がないのも人気の秘密なんです。

 

ただし、キャビテーション後のマッサージでは直接脂肪を揉みほぐすため、多少の痛みを感じる可能性があります。「痛いのは絶対イヤ!」という人は、事前にサロンのスタッフに確認しておきましょう。

 

またキャビテーションによる副作用ですが、キャビテーションは医学的にきちんとした安全性があることが実証されており、危険な副作用はありません。

 

しかしキャビテーションの作用により、人によっては下痢になったりダルさを感じることもあります。これは、分解された脂肪が代謝される際に内臓に強い負担がかかることによるもの。数日は違和感を抱くことがあるかもしれませんが、時間が経つにつれ徐々になくなっていきますのでご安心ください。

キャビテーションの料金は?

キャビテーションは痩身エステの一種ということもあり、高いというイメージを持っている方も多いと思います。でも「切らない脂肪吸引」とも言われているキャビテーション、実際の脂肪吸引に比べるとかなり安いんですよ!傷跡が残らない、しかも破格の値段できれいになれるとしたら、キャビテーションを選ばない理由はないのではないでしょうか。

 

料金は当然、店舗によって異なります。キャビテーション+マッサージなどを追加すると考えると、1万円〜2万円くらいが相場と思っておくと良いでしょう。あまりに安い場合はキャビテーション「だけ」しか行っていないか、効果があまり期待できないような施術を行うかもしれませんので、事前にしっかり確認しておきましょう。

 

ちなみによく勘違いしている方も多いのですが、料金が高いからといって効果も高いとは限りません。料金が高い理由としては、広告を大々的に売っていたり、店舗の外装・内装などにお金をかけていたりといったことが考えられます。

 

もちろん効果もきちんと出るところも多いですが、「高いお金を出したわりに安いところと大して変わらなかった」なんてことになったら悲しいですよね。つまりは、店舗の売りや力を入れていることを見極める必要があるということです。

キャビテーションの効果を高めるポイント

せっかく施術を受けても、効果を高めるポイントを知らないと期待した効果を感じることができないかもしれません。効果をより高めるポイントをご紹介しますので、参考にしてみてください!

水分摂取

キャビテーションの効果を高めるためには、体内に溶け出した脂肪をきちんと排出させることです。施術後に400cc以上の水分を摂取し、脂肪の排出をサポートしましょう。軽い有酸素運動を行うと、さらに効果を高めることができるので、試してみてください。脂肪が体内から排出されなければ効果を感じることはできませんから、脂肪を溜め込まないようにすることが重要です。

マッサージ

キャビテーションとマッサージをセットで行うエステサロンやクリニックがあることからも分かるように、施術後の代謝が効果に大きな影響を与えます。キャビテーションの施術後だけでなく、週1~2回マッサージを受けると効果的です。

半身浴をして体を温める

キャビテーションの予約をしたら、毎日半身浴をして体を温めましょう。脂肪が柔らかくなるだけでなく血行もよくなり、代謝アップにもつながるため、1回の施術で効果が出やすくなりますよ!

キャビテーションのメリット&デメリット

メリット

先にも述べましたが、キャビテーションは脂肪細胞を破壊するので、リバウンドのリスクが低いことが最大のメリットです。もちろん、痛みもなく、薬剤を使用しないこともメリットといえるでしょう。また、施術時間も短く、通常10分~20分程度で、すぐに帰宅できるので気軽に受けられます。さらに、二の腕だけでなく、他の気になる部位も同時に施術を受けられる利点もありますよ!

デメリット

キャビテーションでは超音波を照射しますが、そのときに超音波が骨に当たる金属音的な響きが耳に残るという方がいるようです。また、体内に溶け出した脂肪は肝臓で分解・排出されるため、肝臓に負担がかかるというデメリットがあります。もちろん、複数回の施術が必要となるので、費用と時間もかかるでしょう。

注意点

人によっては施術後に胃の調子が悪くなったり下痢をしたりする場合もあるので、施術の前後1時間は食事をしない方がいいでしょう。もし、体調不良を感じるようなことがあれば、体調が回復するまでキャビテーションを受けるのは控えるようにしてください。

キャビテーションはアフターケアが重要

キャビテーションは、メスを使う手術ではありませので、ダウンタイムなどは必要ありませんが、効果を高めるためには、アフターケアをしっかりと行う必要があります。

キャビテーションエステ後のアフターケアは、「マッサージ」が必要です。

 

ほとんどの場合、キャビテーションの施術後にマッサージがセットになっています。

マッサージは、乳化した脂肪を体外に排出するために必要で、マッサージによってリンパを通して乳化された脂肪が体外に排出されるのです。

 

マッサージをしない場合でも一度乳化された脂肪は、再び元の状態に戻る事は稀ですが、しかし体内に留まったままでは良くありませんので、なるべく早く乳化した脂肪を体外に排出させる必要があるので、マッサージが非常に重要なのです。

もう一点、重要なポイントですがキャビテーションエステ後は、水分補給が必要です。

水分をしっかり補給する事で、乳化した脂肪が汗や尿となり体外に排出されやすくなりますので、水分補給はまめに行う必要があります。

 

マッサージと水分補給をしっかりと行う事で、キャビテーションの効果が高まります。

 

キャビテーションとラジオ波の違い

エステサロンの痩身といえば、「キャビテーション」と「ラジオ波」が主流です。どちらも痛みがなく安全で効果が高い施術です。

 

施術自体はどちらも機械を痩せたい部分にあてるだけで同じように感じますが実際のところ効果におおきな違いがありますので詳しくごい説明したいと思います。

 

キャビテーションは、超音波を使い脂肪やセルライトを分解・乳化します。

そして乳化したセルライトや脂肪を体外に排出させることで気になる部分の脂肪を落とすことができる施術です。

「メスを使わない脂肪吸引」と呼ばれることがあるほど効果の高い痩身施術です。

 

ラジオ波は、高周波を使い体内の分子を振動させます。その振動により中性脂肪を液体化し対外に排出させます。新陳代謝をアップさせる効果や脂肪燃焼促進効果があります。

 

このようにどちらも気になる部分の痩身効果がありますが、キャビテーションとラジオ波は、メカニズムに違いがありますので、キャビテーションとラジオ波を組み合わせて効果を高めたエステサロなどもあります。

ラジオ波とは?

ラジオ波は、痩身エステの施術の一つで、ラジオ波と言う高周波を脂肪の分子を振動させ熱を発生させます。

その熱が体を深部から温め脂肪を液状化させ汗や尿などと共に体外に排出させます。脂肪が体外に排出されるので、新陳代謝がアップしたり、たるみの解消・セルライトの除去が可能です。

 

ラジオ波もキャビテーションと同様、痛みはほとんどありません。

ほんのり体が温まる程度で熱さもありませんので、やけどをすることもありませんので、安全で痛みもない痩身方法です。

下記ページで口コミで人気のキャビテーションエステランキングをご紹介しています。

まとめ

エステでのキャビテーションは、キャビテーションだけでなく体を温めたりマッサージをしたりといった行程も含まれることがほとんどです。これらの行程によって初めて、痩身効果が実感できるようになります。

 

高いイメージもあるキャビテーションですが、意外にも安価な値段で施術を受けることもできるんですよ。ぜひ、自分にあったエステサロンを探してみてください!

The following two tabs change content below.
編集部:犬ドック

編集部:犬ドック

ふざけたペンネームですが、記事内容はいたって真面目です(笑)誰にでもわかりやすく、また参考になるような内容を心掛けて日々記事を投稿しています。

-キャビテーション
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.