ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

高血圧

高血圧に悩む人にはカリウムサプリがお勧め!効果・副作用もしっかり解説!

更新日:

高血圧は心臓の病の原因となってしまう場合が多く、非常に危険な状態です。しかし、そうとは知っていてもついつい塩分がたっぷり含まれたものを食べてしまうのも事実。

 

そんな方には高血圧を予防・対策してくれるカリウムサプリがおすすめです。気になるカリウムサプリの効果やメカニズム、副作用についてもしっかりご紹介しているので、是非チェックしてみて下さいね。

カリウムってどんなもの?

カリウムとはナトリウム、亜鉛などと同じく必須ミネラルのひとつに数えられる物質で、私たちが生きていく上で無くてはならない存在です。

 

もしカリウムが不足してしまうとどうなるのでしょうか。身近な例を挙げると、夏バテは体内のカリウム量が汗と共に急激に失われるために起こると言われています。

というのも、カリウムの持つ効果はエネルギーと体力を高めることにあり、身体のポテンシャルを発揮するために非常に重要な役割を担っているからなのです。

 

夏場など汗を多く掻く時期は一気にカリウムが体外に放出されてしまうため、それにより本来持っている体力やエネルギーを上手く使うことが出来なくなり、夏バテを引き起こしてしまうのですね。

 

必須ミネラルの中でもカリウムとナトリウムは密接な間柄であることで知られます。少し難しい話になりますが、カリウムとナトリウムはそれぞれ細胞内液、細胞外液に存在し、お互いの総量のバランスを取ることで正常な働きを可能とするのです。

もし、この2つのバランスが崩れてしまうと細胞が不必要に水をため込んでしまい、むくみなどの症状が出てしまいます。慢性的なむくみに悩まされているという方はカリウムサプリなどで不足しているカリウムを補うと症状の回復が見込めるかもしれません。

PR:初回1か月分540円のカリウムサプリ

カリウム不足が進む現代

身体を元気に保つために無くてはならないカリウムですが、最近はカリウムが不足している方が多くいらっしゃるようです。特に若い方はカリウムが豊富に含まれた野菜などをあまり摂らない方が目立ち、不足している方の割合が多いのだとか。

 

カリウムは吸収しにくく、放出されやすい物質であるため体内に必要充分な量を常にため込んでおくことが出来ません。

 

そのような性質を持っているにも関わらず、現代人はファストフードや添加物などから多くナトリウムを摂取してしまうため、相対的に体内のナトリウムとカリウムのバランスが崩れてしまうのです。

身体は健康なはずなのになんとなく疲れが抜けない、常にだるさを感じているなどの症状が続いている方はもしかするとカリウム不足に陥っているかもしれません。その場合はカリウムを多く含んだほうれん草やブロッコリーなどを多く食べるようにする、カリウムサプリを飲むなどして対策するようにしましょう。

 

また、アルコールやカフェインを頻繁に摂取するという方もカリウムが不足しがちなようです。カリウムはアルコールを分解するとき大量に失われ、カフェインは利尿作用があることからカリウムを体外に放出してしまいやすいのです。

しかし、最近は野菜のカリウム含有量が低下しているということもあり、食事から満足な量のカリウムを摂取することが難しくなっているようです。

 

ただでさえ吸収しにくく放出してしまいやすいカリウムを効率よく摂取するにはどうすればいいのでしょうか?

手軽にカリウムを摂取するならカリウムサプリ!

そんな時頼りになるのがカリウムサプリです。カリウムサプリは現代人に不足しがちなカリウムをばっちり補ってくれるため、夏場などは特に重宝します。

 

ここでカリウムを効率良く身体に吸収させる方法を2つご紹介しておきます。

カリウムサプリを飲むタイミングは食中・食後がベスト!

カリウムだけに関わらず、ミネラルを摂取するタイミングは身体の代謝が向上している時がベストと言われています。運動中・運動後に飲むというのも良いですが、カリウムを摂るために毎日運動するというのは辛いものがありますよね。

 

その点、食事は毎日しますし、食中・食後は代謝が高まっているのでカリウムを効率よく摂取するにはうってつけのタイミングと言えるのです。

ビタミンCと一緒にカリウムサプリを飲む

放出されやすいカリウムは少しでも効率よく摂取したいですよね。亜鉛やナトリウムなどのミネラルと同じように、カリウムを摂取するときはビタミンCと一緒に摂取すると吸収効率が向上するようです。

 

カリウムサプリは不足しがちなカリウムをしっかり補ってくれる便利なものです。理想は食事からカリウムを摂取することですが、充分な量を摂取するのははっきり言って難しいです。もし、疲れが抜けない・倦怠感が続くなどの症状がある場合はカリウムサプリを飲んで元気を取り戻すようにしましょう。

高血圧の予防・対策にカリウムサプリが推奨されているって本当?

カリウムには高血圧を抑止する効果があります。そもそも高血圧とは体内のナトリウム濃度が高まることによって引き起こされる病気で、カリウムにはナトリウムを自身に引きつけ体外に放出しようとする効果があるため、高血圧になることを抑止・制御してくれるのです。

 

現代人は塩分を多く含んだ食事をすることが多いため、誰しもが高血圧になる危険性を抱えています。高血圧になりやすいかどうか、またそこから重大な病気を引き起こすかどうかは個人差があるため断言出来ませんが、少なくとも食事から摂取される塩分が多くなると、高血圧になってしまう方が多いのは事実です。

そんな時、カリウムサプリなどで体内のカリウム量を適切に保っていれば、高血圧を予防・対策することが可能になります。普段塩分の多い食事をしているという方は是非カリウムサプリを飲むなどして高血圧にならないよう心掛けて下さいね。

 

しかし、いくらカリウムが高血圧を抑止してくれるからと言って、塩分を摂り過ぎてしまうというのも良くありません。ナトリウム(塩分)は体内に蓄積することが出来ますが、カリウムは腎臓から排出されてしまいます。

 

大量の塩分摂取はカリウムによる放出が追い付かなくなるため、絶対に控えるようにしましょう。カリウムサプリなどでカリウムを補っているとは言っても油断してはいけません。

ただし、副作用には注意しよう

大抵のミネラルはあまりにも多く体内に吸収されると副作用が出てしまいます。カリウムの場合は『高カリウム血症』と呼ばれる状態になってしまい、四肢の麻痺や酷い場合だと腎不全・心肺停止などの症状を引き起こしてしまうようです。

しかし、健康な方であれば少しくらいカリウムを摂り過ぎたところで、過剰に摂取した分はすぐに排出されるため高カリウム血症になることはほとんどありません。

 

逆に腎臓に何かしらの障害や病気を抱えている方は高カリウム血症になりやすいため注意が必要です。腎臓はカリウムを排出してくれる器官であるため、腎臓の機能に支障が出ると摂り過ぎたカリウムを上手く排出出来なくなってしまうのです。

 

高カリウム血症は確かに怖い症状ですが、カリウムの不足もまた高血圧などの重大な疾患を併発する原因になりかねません。健康な方はカリウムの摂りすぎに注意するよりはむしろカリウム不足を改善することに注力するべきと言えます。

 

まとめ

生活をしていく中で明確にカリウムが不足していると気が付く場面はほとんどないでしょう。しかし、だからこそカリウムが不足していないか気を配っておく必要があるのです。

 

前述のようにカリウムの不足は高血圧や慢性的な疲れ・倦怠感を引き起こす原因になりかねません。もし、既にそれらの症状が出ているようであれば、カリウムサプリなどを用いて体内のカリウム量を増やすようにしてください。

 

あなたの健康はあなたにしか守れないものです。毎日を健康に生きるためにも、充分身体を労わりながら生活するようにしましょう。

 

PR:初回1か月分540円のカリウムサプリ

高血圧を下げるサプリランキングヘッダー画像
【ガッツリ効く!】高血圧を下げるサプリメント口コミランキングBEST7

このページでは、『高血圧サプリメント』を検討してる方に向けたページです。高血圧を下げる効果のあるサプリメントはどんなものがあるか?また、どんな成分が高血圧を下げる効果があるのか?サプリメント以外で高血圧を下げるにはどうしたらいいか?など、高血圧の予防・対策をしたい方へわかりやすくまとめたページです。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-高血圧
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.