ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ダイエット

カプサイシンサプリでダイエット?!期待できる効果とは?

投稿日:

とうがらしに含まれているカプサイシンを使ったサプリメントは、ダイエットを目的としたものが数多くあります。実際カプサイシンにはどのような効果が期待できるのでしょうか。カプサイシンの効果とともに、カプサイシンサプリの選び方や飲み方などについて紹介します。

カプサイシンサプリで期待できる効果

肥満予防

運動すると、人間の身体では糖分、脂肪の順にエネルギー源として使用されます。そのため、体脂肪を減らそうと運動をしても、糖分がまず燃焼するため、脂肪燃焼までにはかなりの時間運動をする必要があるそうです。しかし、アドレナリンが出ると、脂肪を分解するリパーゼという酵素が活性化することで、短時間の運動でも脂肪の燃焼が始まり、体脂肪が蓄積しにくくなるといわれています。

 

ラットを使った研究では、カプサイシンを与えると、中性脂肪と脂肪組織の重量が減少したという結果が出ています。カプサイシンには、アドレナリンの分泌促進作用があるため、脂肪燃焼を促して効率よくエネルギ―へと変えて肥満を予防する効果が期待できるのです。

血流改善

血液には、老廃物の排泄と、酸素や栄養素の運搬という2つの役割があります。血行がよくなると、酸素や栄養素が身体の隅々にまで届き、老廃物がしっかり排出されるため、身体を健康な状態でキープすることができるのです。ところが、食生活が不規則になったり、ストレスや喫煙などが原因となったりして、血流が悪くなると、血行障害によって酸素や栄養素が細胞内で不足して病気を引き起こすケースが考えられます。

 

カプサイシンを摂取すると、エネルギー代謝が活性化し、身体が温まって血流がよくなる効果が期待できるのです。

コレステロール値改善

コレステロール値の上昇は、糖尿病などの生活習慣病を引き起こす原因となることもあります。コレステロールは脂質の一種で、細胞生成になくてはならない物質です。しかし、油分の多い食事などによってコレステロールの摂取量が増えすぎると、血中コレステロールが増えて動脈硬化を進行させてしまいます。

 

カプサイシンは、このようなコレステロール値の上昇を抑制する効果があるといわれているのです。

冷え性改善

身体が寒さを感じると、身体の冷えた部分を温めようと血行を促し体温を上げる働きが備わっていますが、血行が悪いと体温が戻りにくくなります。冷えた状態が継続すると、栄養を吸収する力や消化する力が低下したり、めまいや腰痛、頭痛などを引き起こすリスクも。

 

カプサイシンを摂取すると、末梢血管の血流が改善されるため、身体が温まって冷え性の改善につながるのです。

疲労回復

カプサイシンによって血行が促進されると、老廃物が排出されて疲れが溜まりにくくなります。

便秘解消

カプサイシンは、蠕動運動を促す作用があるといわれています。蠕動運動は、腸が便を押し出す動きのこと。カプサイシンによって、便の排泄がスムーズになり、便秘解消効果が期待できるのです。

カプサイシンサプリを選ぶポイント

脂肪燃焼成分が豊富

運動などによってエネルギー不足の状態となると、アドレナリンや成長ホルモンなどが分泌され、脂肪分解作用のあるリパーゼという酵素が生成されます。血液とともにリパーゼが脂肪まで届くと分解された脂肪が血液と共に全身の筋肉細胞に届き、その一部が細胞に取り込まれてエネルギー源となるのです。脂肪燃焼成分は、この脂肪燃焼の過程において、効果を発揮する箇所が異なります。

 

運動不足の場合、アドレナリンや成長ホルモンが分泌されにくい状態になっている可能性があります。そんな時は、カプサイシンでアドレナリンの分泌を促進するほか、カフェインやチロシン、オルニチン、アルギニンなどのアミノ酸も有効です。

 

太りやすい体質の人は、リパーゼの生成を行う褐色脂肪細胞の働きが衰えている場合があります。そんな人には、共役リノール酸やEPA、DHAがおすすめです。

 

さらに、分解された脂肪を取り込む細胞の働きが鈍っている場合には、L-カルニチンやカテキン、コエンザイムQ10などの成分が入っているものを選ぶと細胞の活性化に役立ちます。

健康成分も含まれている

健康成分が含まれている場合、ダイエットを健康的に行うサポートとなってくれます。ビタミン類やセサミンなど、サプリメントによって配合されている成分は様々。例えば、セサミンは体内の有害物質の排出や、血中悪玉コレステロールの改善による代謝向上などの効果が期待できるといわれています。それぞれの健康成分の効果を理解した上で、自分の身体に合ったものを選びましょう。

カプサイシンサプリの適量は?

食品由来の成分であるカプサイシンの適量は、人それぞれです。唐辛子からカプサイシンを摂取しようとする場合、1回の食事に使用する目安は、粉末状だと大さじ1/4杯、鷹の爪だと1本、コチュジャンや豆板醤などの唐辛子調味料は小さじ1杯だといわれています。しかし、辛いのが苦手な人や、胃腸への刺激が気になるという人は、この量の摂取が難しいかもしれません。そんな人でも、カプサイシンの配合されているサプリメントであれば、気にせず摂取できるのでおすすめです。

 

ただし、サプリメントだからいくらでも飲んでいいというわけではありません。カプサイシン1mgは、鷹の爪に換算すると1本半~2本ほどになります。表記されている目安に従って、適量を飲むようにしましょう。

カプサイシンサプリの摂取で気を付けたいこと

カプサイシンのサプリメントを摂取する上で気を付けたいのは、過剰摂取です。辛味成分であるカプサイシンは、味覚ではなく痛覚といわれており、過剰摂取によって毒となる可能性が考えられます。サプリメントなので、口に含んだ際に辛味はないかもしれませんが、胃の中で溶ければカプサイシンと同じ働きをするため、注意が必要です。

 

例えば、唐辛子に触れた手で目をこすると目の粘膜が強い刺激を受け、痛くて目が開けられなくなります。同じように、カプサイシンによって胃が刺激を受け、炎症を起こすこともあるのです。胃や腸が荒れると、肌トラブルを引き起こすリスクも高まります。たった1回の過剰摂取でも、あまりに量が多ければ胃腸炎を招く可能性もあるため、含有量を確認した上で適量の摂取を心がけましょう。

 

また、カプサイシンを摂取すると、アドレナリンが分泌されるといわれています。カプサイシンは痛み成分であり強い刺激をもっているため、体内に入ると脳はストレスとして受け止めます。すると、副腎皮質がストレス回避のために、ストレスと戦う働きのあるアドレナリンを分泌するのです。

 

カプサイシンの量が多いと、アドレナリンの分泌量も増えていきます。アドレナリンが出すぎると、脳が部分的に損傷を受け、鬱や睡眠障害、パニック障害、精神疾患などを引き起こすきっかけになるそうです。カプサイシンを大量かつ日常的に摂取すると、このような病気にかかりやすいといわれているので、気を付けたいですね。

まとめ

カプサイシンのサプリメントを飲んだからと言って、体脂肪や体重が減少するわけではありません。しかし、カプサイシンによって代謝が高まることは期待できそうです。代謝が上がった状態で、運動をしたり、食生活を見直したりしてみることで、ダイエット効果が期待できます。あくまでも、ダイエットのサポート食品として取り入れていきたいですね。また、カプサイシンの過剰摂取は身体の不調を引き起こしかねません。適量を守って飲むことが健康にダイエットするためにも欠かせないといえそうです。

 

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-ダイエット
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.