オールインワンゲル

オールインワンゲルの成分を徹底調査※種類別の効果比較まとめ

更新日:

このページではオールインワンゲルに配合されている主な成分の効果についてまとめています。

それぞれの成分の効果を知り、オールインワンゲル選びの参考にしてみてください。

オールインワンゲルの成分徹底調査※種類別の効果まとめ


オールインワンゲルは製品によって配合されている成分が異なり、得意とする効果も違います。

保湿が得意なもの、シミやくすみ対策が出来るもの、敏感肌用のものなど多種多様です。

 

ここではそんなオールインワンゲルに配合されている成分について詳しくご説明していきます。

どんな成分がどのような効果を発揮するかを知ることで自分に合ったオールインワンゲルを選びやすくなります。

 

 

優秀な保湿力「セラミド」


セラミドは保湿力をアップするためには欠かせない優秀な成分の1つです。

でも、実はセラミドは私達の肌にもともと存在している成分なのです。

肌の角質層で細胞の間に存在し、水分や油分を蓄えてくれます。

 

このセラミドが減ってしまうと保水力が低くなります。

その結果乾燥肌や小じわなどといったトラブルが起きやすい環境になっていきます。

このことから保湿にはオールインワンゲルでセラミド補給することが重要なんです。

 

セラミドは肌にバリアを張って守る

セラミドは肌に補給してあげると肌の表面にバリアを作ります。

外部の刺激から守ったり水分の蒸発を防いでくれます。

セラミドで水分を補給するのではなく、補給した水分を逃さないようにしてくれるのです。

 

肌の中に水分を溜め込む力がアップし、潤いが長続きします。

徐々に弾力やハリ・ツヤのあるお肌を取り戻すことが出来ます。

 

セラミドには色々な種類がある


一言でセラミドと紹介していますが、実は複数の種類があり特性も異なります。

 

天然セラミド

ビオセラミドやセレブロシドに代表されるものです。

これらは哺乳類由来で非常に浸透力が高いです。

馬由来のものが有名で、刺激もあまりないので敏感肌やアトピー肌にも使えます。

 

優秀な成分ですが化粧品に使われている場合は高価になる傾向にあります。

オールインワンゲルの中でも高価なものは天然セラミドが使われていることが多いです。

 

バイオセラミド

オールインワンゲルに良く使われています。

酵母を利用して製造された人と同じ構造のセラミドです。

セラミド2やセラミド3と表記されていることがあり、刺激も少なく安全です。

 

プチプラのオールインワンゲルでセラミド配合の場合、よく配合されています。

 

植物性セラミド・合成セラミド

この2つは大量生産され、値段も非常に安価です

しかし人の構造とはあっておらず保湿効果はあまり見込めません。

ですので天然セラミドかバイオセラミドが配合されているオールインワンゲルを選ぶことをオススメします。

 

特に保水力が低下しはじめる30代の方は、セラミド配合のオールインワンゲルを試すと改善できます。

 

保湿、美白、アンチエイジング「プラセンタ」


プラセンタは経口でも摂取出来る美容成分です。

サプリとして販売されていることも多いです。

馬や豚の胎盤が原材料となっています。

生命の源と言われているアミノ酸、他にもタンパク質・脂質・糖質も豊富に含まれています。

 

まさに栄養の宝庫といえるプラセンタ。

プラセンタ配合のオールインワンゲルは、保湿・美白・エイジングケアに最適です。

 

肌を元気にするプラセンタ


プラセンタをお肌に塗ることで豊富な栄養素が肌に行き渡っていきます。

中でも抗酸化力をアップさせる活性ペプチドや細胞同士をつなぐムコ多糖類などは、特に肌への影響がはっきりと出る成分です。

 

生活習慣の乱れや疲れなどの影響を受けて弱っていた肌がぐんぐん元気になります。

乱れていた肌のターンオーバーが活性化し、自然とキメ細かく明るい若々しい肌が蘇ります。

 

馬と豚のプラセンタの違いは?


プラセンタは、豚由来と馬由来に分かれています。

馬と豚とでは馬のプラセンタのほうが高価になっています。

馬のプラセンタのほうが必須アミノ酸が6種類も多く含まれていて、高品質なんです。

 

また、馬のほうが生産頭数が少なくプラセンタが採れる量も少なくて希少価値も高くなっています。

逆に豚のプラセンタは大量生産が出来ます。

安価で提供されることが多いですが、品質が悪いわけではありません。

 

前述したように必須アミノ酸の数は馬に劣ります。

他の成分は馬のプラセンタと大差はなく美容効果もしっかり含まれています。

特にSPF豚という厳格な基準で飼育された豚のプラセンタは品質が高く安全です。

 

プラセンタは肌の状態を整え、健康な状態に導いてくれます。

美肌やエイジングケアを行ってくれるサポーター的な成分です。

質に拘るなら馬プラセンタを、コスパを見るなら豚のプラセンタ。

そんな基準でオールインワンゲルを選びましょう。

 

抗酸化作用でお肌トラブル対策「ビタミンC」


ビタミンCはもともとお肌に良い栄養素として知られています。

このビタミンCはシミ予防・美白効果・ニキビ対策などに効果があります。

しかし実は壊れやすいという性質を持っています。

そのまま美容液やオールインワンゲルに配合しても肌に届く前に壊れてしまいます。

そこで開発されたのがビタミンC誘導体という成分です。

 

ビタミンC誘導体は肌に浸透しやすい

ビタミンCは水に溶けてしまったり酸化することで効果を失ってしまいます。

その弱点を誘導体化することによって克服しました。

オールインワンゲルに含まれている場合は、肌に浸透した後にビタミンCに変化します。

ビタミンCが持っている多くの美容効果を肌の内側で発揮してくれます。

 

ビタミンC誘導体の主な効果は、

抗酸化作用
メラニンを還元してシミの改善
肌の代謝の活性化
コラーゲンの生成促進

があります。

30代40代の年齢が出始める肌に嬉しい効果が多いです。

プチプラのオールインワンゲルを選ぶときはビタミンC誘導体が入っているものがオススメです。

 

保水効果で乾燥肌を防ぐ「コラーゲン」


コラーゲンはタンパク質の1つです。

私達の肌はもちろん髪や爪などを作り美しく保つ為には必須の成分です。

 

食事制限などでタンパク質が足りなくなることもあるかと思います。

肌荒れと一緒に髪のツヤがなくなったり爪に縦線が入るのはこのためです。

 

食事でも摂取出来ますが、年齢と共に足りなくなってきます。

そこでオールインワンゲルで補ってあげると肌の状態を維持しやすくなります。

 

高い保水効果でアンチエイジング

コラーゲンは保湿効果を高めてくれます。

肌の弾力を保つ・ハリを蘇らせるなど効果がとても高いです。

目元の小じわや口周りの縦シワなどにも効果的です。

年齢を感じさせない肌づくりを目指す人にぴったりな成分です。

 

もちろん乾燥肌対策にもオススメです。

プラセンタとの相性もとても良いです。

プラセンタとコラーゲンを同時に摂取すると効果的です。

 

メラニン抑制と抗酸化作用「フラーレン」


コラーゲンやセラミドよりも聞き慣れないフラーレン。

実はとても高いメラニン抑制効果と抗酸化作用を持っています。

美白とエイジングケアの救世主とも言われています。

 

ダイヤモンドと同じ炭素から構成されている物質です。

他の美容成分とはちょっと違う構成をしています。

 

ビタミンCよりも高い抗酸化作用

フラーレンの1番の特徴は非常に高い抗酸化作用です。

なんとビタミンCの172倍の力を持っています。

シワ・くすみの原因になる活性酸素を吸着して除去してくれます。

肌に出てしまう年齢を改善することに大きな効果を発揮します。

活性酸素が減ると肌のターンオーバーが活性化するので、強くて健康な肌作りにも繋がります。

 

コラーゲンの増加を促進することで保水力をアップし、肌全体のハリをアップさせる効果もあります。

フラーレンは美を目指すための縁の下の力持ちというような存在です。

 

肌の潤いに欠かせない「ヒアルロン酸」


1gで6000mlもの水分を保持出来るとされる潤い効果が高いヒアルロン酸。

非常に多くの美容製品に使われています。

サプリやバストアップ・アンチエイジングの注射などでも有名な成分です。

 

ヒアルロン酸はもともと私達の体の中で皮膚・軟骨・筋肉を構成する主成分です。

年齢や生活習慣によってヒアルロン酸は減少してしまいます。

細胞同士をつなぎ合わせる効果もあります。

ヒアルロン酸が減ってしまうと肌に対する弊害が出てきます。

 

実は深く浸透してくれないヒアルロン酸

肌に重要なヒアルロン酸ですが、実は分子が大きくてそのままの状態だと真皮までは行き届きません。

でも角質層でとどまることで水分の蒸発を防ぎます。

保水力をアップさせる効果を発揮するので肌の潤いには欠かせません。

 

さらに、最近は低分子ヒアルロン酸という成分が注目されています。

これは真皮まで届く浸透率の高いヒアルロン酸です。

肌作りのコアといえる真皮を潤わせ、更に角質層で蒸発を防ぐためにバリアを張れば格段に肌の潤いはアップします。

乾燥対策のオールインワンゲルを選ぶときは複数のヒアルロン酸が含まれているものをオススメします。

 

保湿性とエイジングケア「プロテオグリカン」


ここ数年で急激に注目されるようになったプロテオグリカン。

プロテオグリカンにはグルコサミンやコンドロイチンなど豊富な栄養素を含んでいます。

最強の美容成分とまで言われるほどに優秀な成分です。

 

プロテオグリカンはサケの鼻軟骨など希少な部位からしか摂取できません。

昔は非常に高額で取引がされていました。

保湿力を高めてシワやくすみを減らすエイジングケアで特に有名です。

しかし実は他にも多くの効果を持っています。

 

他の美容成分をサポートして効果を高める

プロテオグリカンはヒアルロン酸やコラーゲンと一緒になることで周囲の美容成分を手助けし効果が高まります。

ヒアルロン酸とコラーゲンの数を増やして活発になります。

その結果ハリや弾力が戻ってエイジングケアができます。

保水力もアップするので透明感のある肌を作れます。

 

強力な浸透力と保湿力「馬油」


馬油は名前の通り馬から採れた油で、日本では古くから使われてきたものです。

実家や祖父母の家で見たことがある!という方も多いでしょう。

 

非常に安全で刺激の少ない成分です。

小さな子供が舐めてしまいそうな場所の保湿にも使われてきました。

民間療法の薬として使われていた歴史もあるほど馬油の効能は高いです。

殺菌や炎症の予防、血行促進など様々な力を持っています。

 

肌への浸透率がとにかく高い

馬油は高い保湿力も特徴ですが、更に肌への浸透率が非常に高いです。

プチプラな保湿が出来るワセリンや、保湿成分代表格のシアバターに比べて融点が30度と低いです。

馬油を肌に塗るとすぐに液体化してどんどん深くまで入り込んでいきます。

 

美肌づくりは角質層の更に下にある真皮が鍵になっています。

そこまで一気に浸透する馬油ですから美肌効果が高いのは当然のことです。

奥深くからしっかりと保湿して弾力のある瑞々しい肌を支えてくれるのが馬油です。

 

しっとり感とすべすべ感「温泉水」


温泉に入ると肌がすべすべするというのは良く聞きます。

実際に体験した人も多いですよね。

そんな温泉水が一部のオールインワンゲルに使われています。

 

実際に温泉水を使ったオールインワンゲルは塗るとすべすべやしっとりが持続します。

保湿力の高さも感じます。

 

温泉水はミネラルを豊富に含んでいる

オールインワンゲルに使われている温泉水には人の体に多くのプラス効果を発揮する天然のミネラルが豊富です。

温泉水によって肌にミネラルが補充されると、肌のキメが整い、弾力もアップします。

だから温泉に入るとしっとりすべすべの肌が完成するんですね。

 

更に温泉水には浸透しやすい特徴もあります。

オールインワンゲルの成分が温泉水と一緒に肌に深く深く染み渡っていきます。

ですので他の美容成分の効果をアップさせてくれます。

 

どこの温泉の温泉水を使っているかによって効果は若干異なります。

温泉水入りのオールインワンゲルを選ぶときは源泉の効果にも注目しましょう。

 

 

界面活性剤不使用のオールインワンゲルなら敏感肌でも安心


肌のトラブルを引き起こす事が多い界面活性剤。

「乳化剤」として表示されていることもあり、乳液状のものもありますが、これも界面活性剤です。

 

この界面活性剤は水と油を混ぜる為に必要な成分です。

それぞれの界面に働きかけて2つを混ぜ合わせるために使用されます。

ですので必要な成分なのです。

しかし界面活性剤は水と油の性質を変えるほど強い物質で肌への浸透性も非常に高く、肌のバリアを簡単に突破し細胞組織まで破壊してしまいます。

 

使い続けると血中にまで浸透する恐れのある成分でもあります。

それでも昔は平気で使用している化粧品メーカーもありました。

最近の化粧品に使われている界面活性剤は安全性が高くなく安心です。

肌への危険性は大幅に軽減されました。

 

でも、長期間使ったり肌が敏感な人が界面活性剤に触れる時には注意が必要です。

アレルギーや肌荒れを起こしてしまうことがあります。

 

なので敏感肌の方は界面活性剤が入っていないものを使いましょう。

 

界面活性剤不使用のオールインワンゲルの使い方


もし敏感肌の方が界面活性剤不使用のオールインワンゲルを使う時はどうしたら良いのでしょうか?

どうしても使いたい場合、最初はやや少なめの量を手に取りましょう。

手の平で温めてから押さえるようにしてお肌に塗っていきます。

こすることでカスが出てポロポロと落ちてしまうことがあります。

 

保湿力を高めたい場合は、1度目に塗ったゲルが浸透してから重ね塗りをすると効果的です。

ゲルが残らず、肌が手の平に吸い付くくらいまでハンドプレスしましょう。

カスも出ずにしっかりと塗り込む事が出来ます。

 

まとめ


オールインワンゲルに含まれていることが多い成分の殆どは保湿力をアップさせて肌の状態を改善するものです。

でも、こうして見てみると保湿の方法も様々です。

 

保湿で更に美肌を目指したいならセラミド、エイジングケアを重視したいならプラセンタが多いものなど、成分の多さをチェックして選んでみて下さい。

成分一覧で最初にあるものほど含有量が多いです。

選ぶときは必ず成分表示をチェックしてくださいね。

その時に界面活性剤や乳化剤といった文字があるものはなるべく避けましょう。

出来るだけお肌に優しく有効成分が濃密なものを選びましょう。

 
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-オールインワンゲル
-, , , , , , , , , ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.