スポーツ・アウトドア

【今日からはじめたい!】ウォーキングの3つの効果と楽しみ方・注意点まとめ

更新日:

ウォーキングは健康にも美容にも良いということもあって、モデルや芸能人、また健康や美容に気を使う人など幅広い人が行っている運動です。

しかし、簡単そうに見えるウォーキングも、時間をある程度確保しなくてはいけなかったり、そもそも続けることが難しかったりと、ウォーキングを開始することや始めてみても長続きしないなど、ウォーキングは色々とハードルが高いという見方もあります。

そんなウォーキングですが、効果や注意点を知っていれば、続けるのに勇気が出ない人やなかなか長続きをしなかった人も、ウォーキングを続けていけるかもしれません。

今回はそんなウォーキングに興味がある人へ、ウォーキングの効果や注意点を知ってウォーキングを楽しく、毎日続けられるように魅力を紹介していきます。

 

ウォーキングの3つの効果

shutterstock_201321731
ウォーキングの効果を知っているだけでも、ウォーキングをやろうというモチベーションに繋がると言えます。逆に効果を知らないまま適当に続けていると、いざやりたくない、今日はちょっといいかな…と思ったら最後、ウォーキングが続かないことに繋がってしまうと言えます。

肥満防止、ダイエット効果

ウォーキングをダイエット目的で始める人も多いでしょう。実際ウォーキングはほとんどお金もかけずに出来るものであり、簡単に出来るものでもあるので、ダイエットの入門編として始めることが出来るのも魅力の1つだと言えます。

そんなウォーキングは、じんわりと脂肪燃焼効果があるので、肥満防止やダイエット効果を期待できます。代謝が良くなるので少しずつ体質改善によって、痩せやすい体になるのもメリットだと言えるでしょう。

また、意外と体の筋肉が鍛えられていくのでバランスが良くスタイルの良い体を手に入れることも出来ます。

ストレス解消

ウォーキングの効果にはストレス解消効果もあります。何故歩くだけでストレス解消になるのか?というと、自律神経と深い関係があるからです。

自律神経が乱れてしまうとストレスが溜まりやすくなってしまい、気持ち的にも余裕が出来なくなってしまいます。しかし適度な運動であるウォーキングをすることによって、血行がよくなり、体の内側から様々な機能が活発化をしていき、自律神経を刺激してくれます。それにより自律神経の乱れたバランスが整えられていき、結果的にストレス解消に繋がると言えます。

また、自律神経が整っていればストレスにも強い体になるので、日頃ストレスを溜めやすい人はウォーキングをしてストレスと上手く付き合っていくと良いかもしれません。

心肺機能の向上

実際にウォーキングをしてみるとわかることですが、いくらウォーキングとは言えど歩いていると心拍数が上昇していることがわかるかと思います。ウォーキングの適切な速度は少し早歩きで息が上がるくらいが理想的なので、そのペースで歩いて行くと心拍数はリズミカルに上昇することとなるでしょう。

心拍数が上がるということは、心臓や肺が鍛えられることとなります。そのペースになれていけば呼吸は楽になると思いますが、それも心臓や肺が鍛えられて強くなった分、呼吸や体力に余裕が出たからだと言えるわけです。

心拍機能の向上は病気の予防にも繋がるので、持久力アップのためだけでなく病気を予防する目的としても、ウォーキングはかなり効果的だと言えるでしょう。

ウォーキングの楽しみ方

shutterstock_404207218ウォーキングを続けていくためには、効果を知っているだけでは続かないことも多いと言えます。ウォーキングを続けたい、やっていきたいと思うためには、いかにウォーキングを楽しいと思えるかが重要なので、楽しみ方を知っておくといいでしょう。

ウォーキング専用の服装

ウォーキングをするときの服装は、基本的に動きやすいラフな格好が理想的です。歩く時間や距離、また気温によって、動きにくい服装だと余計に疲れてしまいますし、さらに汗が上手く吸収されずに気持ちが悪いという状態にもなってしまうでしょう。

そこで楽しみ方としては、動きやすいラフな服装でありながらも、少し自分の拘りやオシャレを取り入れてみるということ。ラフな格好と言ってもたくさんのファッションがありますし、色使いによっても楽しみ方の幅はどんどん広がっていきます。

服装がしっかりと決まれば自然とやる気になれることも多いので、ウォーキングのモチベーションが上がらないという人は、まずはやる気が出るような服装を考えてみるといいでしょう。

音楽を聴きながら

ウォーキングを効果的に、そして楽しくやるための方法には音楽を取り入れるというものがあります。ウォーキングに最適な音楽もあるため、音楽を聴きながら歩くだけでも自然と時間が過ぎて思った以上の距離を歩いているということもありますし、テンポよく歩くことはウォーキングのペースをつかむ上でもかなり効果的なことだと言えます。

自分な好きな曲を聴くのも良いですし、ウォーキング用のBGMを用意するのもよし。中には聴くだけでもダイエット効果や集中力、リラックス効果を高める音楽もあるので、自分のお気に入りのウォーキングソングを探してみるのもいいでしょう。

アプリを使うのもオススメ

ウォーキング用のアプリを探して、それと共にウォーキングをするのも、ウォーキングの楽しみ方の1つだと言えるでしょう。例えばちょっとした万歩計がついているアプリもありますし、ダイエットをサポートするアプリなどを使うことによって、どれくらいの距離を歩けばいいのかということや、気温、服装のことなどをサポートしてくれるアプリもあります。

ウォーキングのみを集中して続けるのが難しいと感じるのであれば、アプリにサポートをしてもらいながらウォーキングを楽しむというのも、ウォーキングの楽しみ方だと言えます。

 

ウォーキングの注意点

shutterstock_311056931ウォーキングをするのであれば、効果的にやっていきたいものですよね。頑張ってウォーキングをしていたとしても、間違ったやり方をしていたせいでウォーキングの効果が全然現れなかった…なんてことになったら悲しみは頂点に。注意点に気をつけながらウォーキングをすることが大切です。

決まった距離を歩く

体調や気分がいいと、いつもよりもうちょっと歩いてみようという気持ちになるかと思いますが、出来ればウォーキングの距離は最初に決めた距離を歩くようにしましょう。

毎日同じ距離を歩くということが、効果をより実感するためには必要なことであり、少し無理をして歩いてしまうと気持ち的に余裕が失われてしまったり、長距離を歩くことを義務と感じてしまって、長続きしない原因になる可能性も十分にあります。

効果を実感出来たり、体力に余裕ができたら改めて距離を考え直すとして、最初の間は出来るだけ決まった距離を歩くようにしましょう。

無理をしない

毎日続けないといけない…という義務感を感じてしまうと、ウォーキングの楽しさがどんどん失われていってしまい、ウォーキング自体に強いストレスを感じてしまうことになります。

例えば体調が優れないときは天気が少し悪い時などは、無理をしないでウォーキングをお休みすることが大切です。面倒くさいと思った時は出来るだけ無理してでもウォーキングをしたほうがいいものですが、体調や天候が怪しい場合に無理をしてもそれがかえって負担になることがあるかもしれません。

姿勢を意識する

ウォーキングの効果を発揮したいのであれば、出来るだけ姿勢を意識して歩くようにしましょう。背筋を伸ばして、しっかりと地面を歩くということに意識をしながら歩けば、全身の筋肉が使われることによって筋肉が鍛えられていき、しなやかで強い体を作ることが出来ます。

猫背や姿勢が悪いフォームでウォーキングをしても、あまり効果が実感出来なということに繋がるので注意をしましょう。

 

まとめ

ウォーキングの効果や注意点について紹介をしてきましたが、ウォーキングはいかに楽しく長く続けていくかということが一番大切なポイントかもしれません。

毎日続けるからこそ、徐々に効果は体に現れていくものであり、即効性があるものでもありません。だからこそ効果を期待する以上に、ウォーキングそのものを楽しもうという気持ちが大切なので、どうすればウォーキングを楽しめるかということに注目して考えてみると、ウォーキングを続けていけるヒントを見つけることが出来るでしょう。

ウォーキングに興味があった人や過去に挫折をしたという人は、今回紹介したことを参考にして、ウォーキングを楽しめるように色々と試していきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-スポーツ・アウトドア
-, , , ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.