ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美容

ダイエットにはインナーマッスルトレーニング!その鍛え方とは?

更新日:

皆さんは筋力トレーニングしていますか?
筋トレというとマッチョでいかつい身体を作るためのもの・・・と勘違いしている方もいらっしゃるかもしれませんが、筋力トレーニングはそのやり方によって鍛えられる場所も違えば、出来上がる筋肉の質も異なります。

効果的な筋力トレーニングによって身体についた余分な脂肪を燃焼させて筋肉として引き締めて身体に備わってくれるため、人によってはダイエット効果を強く実感できるなど、おすすめのダイエット法でもあります。

今回は筋力トレーニングの中でも特にダイエットや健康法としておすすめできるインナーマッスルについて、そもそもインナーマッスルとはなにかということ、そしてその鍛え方についても調査してみました。

これを機に本格的にインナーマッスルトレーニングをはじめてみたい方はぜひ自分でも色々な方法を調べたり試してみてくださいね。今回はそのさわりの部分をみてみましょう。

そもそもインナーマッスルとは?

そもそもインナーマッスルとはどんな筋肉なのでしょうか?なんとなくその名前を聞いたことのある人もいるかもしれせんが、詳しく知っている方は少ないかもしれませんので確認しておきましょう、

人の身体には部位によって様々な筋肉が存在していますが、大きくわけると身体の表面から見える表層筋・アウターマッスルと身体の内側、深層に存在しているインナーマッスルに分けられます。つまりインナーマッスルという名前の筋肉があるわけではなく、身体の内側に隠れている筋肉の一般的な呼び方をインナーマッスルと呼んでいるのです。

この筋肉の役割は主に姿勢を正常に保ったり、関節の位置を補正したり、物を掴んだりはなしたりといった器用な動きを可能にする役割もあります。股関節やお腹、肩など身体の様々な部分に存在し、人知れず身体の動きをサポートしているとても大切な筋肉でもあります。

インナーマッスルはとても大切な筋肉

一見外側に見えてこないのでその重要性が分かりづらい筋肉であるインナーマッスル。しかし身体にとってはとても大切な働きをしてくれています。

例えば何か重い物を持ち上げたりする時にぐっと力をこようとすると、一見すると表層筋だけががんばっているように見えますが、実は表層筋が全力で力を使えるようにサポートしてるのがインナーマッスルなんです。

スポーツ選手やボディービルダーのような筋力トレーニングのプロはまずインナーマッスルを鍛えることで身体の基礎を作ります。インナーマッスルが弱いと怪我をしてしまう可能性が高まるほか、そもそも力を効率よく発揮することが出来なくなってしまうからなのです。

インナーマッスルは身体を正しく使いこなすという意味でもなくてはならない筋肉だということなんですね。

インナーマッスルはケガを防ぐうえでもスポーツ選手はもちろん、全ての人が意識する必要のある筋肉だと言えます。

インナーマッスルがダイエットにおすすめ?

今の世の中にはさまざまなダイエット法が存在しますが、例外なくどのダイエットにおいても直接的に体重や脂肪を減少させるのに欠かせないファクターが代謝です。

"太る"ということのメカニズムはしごく単純で身体に入ってきたものより出ていくものの方が少ない場合に脂肪などの形となって体重増加へ繋がります。

体質や食べるものによって出ていく量や蓄えられる量は変動するためさまざまな食事制限ダイエットが考えられたりしますが、身体から蓄えられたエネルギーが出ていくためには代謝が必要です。

特に基礎代謝と呼ばれる生きる上で何もしなくても勝手に消費されていくエネルギーは筋肉から多く使われています。つまり筋肉が多くなればなるほど身体を維持するために勝手に使われていく基礎代謝は増加し、身体から出ていくエネルギーは増えていくことになります。

特にインナーマッスルは基礎代謝を増加させるため、重点的に鍛えることで勝手に痩せやすい体質を作り上げることが出来るんですね。

姿勢などの矯正にも・・・

インナーマッスルを鍛えると代謝を上げる以外にもダイエットにメリットがあります。
特に体幹にあるインナーマッスルを鍛えると姿勢がよくなることで美しくみえ、腰への負担も減ります。骨盤の位置が正しくなって内臓の位置などが修正されると胃下垂などが治ることも考えられます。

インナーマッスルを鍛えることで身体の内側の機能を正常化し健康的な身体作りをサポートすることで結果的にダイエットに、さらに美しい体つくりへと繋がっていくと考えられます。

このような点からもインナーマッスルを鍛えることは美容にとってとてもプラスになるということが考えられるでしょう。

インナーマッスルの鍛え方

美容にも効果的なインナーマッスル。果たしてどのように鍛えるのが良いのでしょうか?
インナーマッスルのトレーニングはいわゆる想像されるような筋力トレーニングでは効果的に鍛えることが出来ません。

筋力トレーニングと聞くと多くの方は腕立て伏せや腹筋、人によってはダンベルなどを用いたウエイトトレーニングを思い浮かべることでしょうが、インナーマッスルは身体の内部にあるためこのような直接筋力を刺激するトレーニングよりもむしろ水泳やジョギングといった有酸素運動の方が効果的に鍛えることが可能です。

またプランクと呼ばれるインナーマッスルを鍛えるための筋力トレーニングなども存在しますので使い分けて鍛えると良いでしょう。
有酸素運動はそれ自体がインナーマッスルトレーニングだけでなく日々の運動として機能しますが、重点的にインナーマッスルを鍛えたいという場合はプランクなどの専用の筋力トレーニングを行うのも良いでしょう。

プランクの基本的なやり方

最後にプランクの基本的なやり方をご説明しておきましょう。

まずはうつ伏せになります。
そしてそのまま両肘をついて腕を曲げたまま体を持ち上げ、足から頭まで一直線になるように維持します。
この時お腹がのあたりが苦しくて腰を落としたりしてしまいがちですが、この辛さが体幹のインナーマッスルを鍛えますので腰や肩が落ちないように一直線を意識してください。

これを一分ほどキープして休憩というのを1セットとし、一日3~5セットほど繰り返しましょう。
プランクはテレビなどを見ながらでも出来るトレーニングですので、ぜひ日々の生活に取り入れてみてください。

インナーマッスルを鍛えよう

インナーマッスルを鍛えることがダイエットや健康に繋がることが分かりました。

また、筋力トレーニングといってもいわゆるウエイトトレーニングとは異なった方法で鍛えることの出来るインナーマッスル。
特にプランクはテレビなどを見ながらでも行うことが出来ますので、ぜひ日々の生活に取り入れて健康的な体を目指されてみてはいかがでしょうか?

インナーマッスルを正しく鍛えてみてくださいね!
インナーマッスルの鍛え方は様々な方法がありますので、気になる方はさらに詳しく調べてみるのもよいでしょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-美容
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.