ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

自己啓発

アメリカの大学に留学したい!日本の大学との違いや費用・方法は?

更新日:

高校卒業後の進路としては、4年制大学や短期大学、専門学校などの選択肢があります。大検を取得して大学に進学をするという方法もありますね。国内に限らなければ海外の大学にという選択肢もありますが、ストレートではなく編入や国内の大学に籍を置いての留学という形が多いでしょうか。

 

語学留学だけでなく、専門の研究など目的も様々だと思います。しかし、短期もあるとは言え旅行で行くのとはまた違った準備が必要になるでしょう。アメリカと日本との違いなども旅行以上に知っておく必要があるかと思います。今回はアメリカの大学に留学するということについて、アメリカの大学と日本の大学との違いや留学費用、そして方法を紹介していきます。

アメリカと日本の大学との違い

でははじめに、アメリカの大学と日本の大学との違いについてみていきましょう。両者の違いを知っておくことで、準備にも役立てることができます。

当たり前だが数が圧倒的に違う

アメリカの大学と日本の大学との違いとしてまず挙げられるのは、大学の数です。国土や人口が違うので当たり前のことではありますが、圧倒的に大学の数はアメリカの方が多くあります。アメリカの大学の数は日本の大学の数のおよそ5倍です。

 

その中で、自身の目的などに合った大学を選ぶということですね。州立大学といったパブリックや私立大学などの種類は日本と同じであり、単科大学や総合大学などにも分けられます。卒業要件を満たすことで学士が授与されるのも同様ですね。

複数の入学時期

日本の大学の場合は、一般的には春に入学となりますね。一般入試では年明けのセンター試験や、その後の各大学による2次試験もしくは独自試験という流れが基本となるでしょう。国公立の後期まで受験するとスケジュールとしてはかなりギリギリにもなります。

 

一方でアメリカの場合には入学時期が複数あります。アメリカに限らずですが、海外では秋入学というケースもよく聞きますね。3学期制をとっていたり、4半期制の場合もあるので、留学準備に当たっては入学時期についてもよく調べてみましょう。

入学と卒業の難易度

よく言われていることなので聞いたことがある人も多いかもしれませんが、日本の大学は入学するより卒業の方が簡単、アメリカの大学は入学するより卒業の方が難しいと言われています。日本の大学の入学については、受験がやはり大変というイメージですね。

 

アメリカの場合は入学試験という形ではなく、書類審査が主となります。評定平均や実績、推薦状やエッセイなどが審査され、留学の場合は充分な語学力があるかどうかということで英語も課されます。TOEFLなどが一般的でしょうか。そして、必要な単位を取得して卒業要件を満たすまでが大変なようです。

専攻を変えることも可能

留学の場合はフルタイム学生として履修する単位が決まっていることがほとんどとされており、上述したように課題や研究などで入学後の方が大変ということのようです。しかし、入学時に学部を決める日本とは違い、アメリカでは2年の一般教養の後に専攻を選ぶことが多いとされています。

 

当初考えていた専攻から変えることも可能ということです。また、専攻を2つとるダブルメジャーや副専攻としてマイナーを選べる制度もあり、卒業後のことを考えて利用している学生は多いようです。もちろんその分勉強が大変になるのは言うまでもありませんので、考えてとるようにしましょう。

アメリカでは大学院進学が一般的

アメリカではいわゆるエリート層は大学院に進むことが一般的とされています。日本の場合は当てはまらないこともないですが、研究の継続などの面が強いですね。学部教育では基礎に注力し、しっかりと指導していくのがリベラルアーツ系の大学と言われています。よく知られるハーバード大学はその代表です。

アメリカの大学への留学費用は?

アメリカの大学と日本の大学との違いをみてきた次は、留学費用についてみていきましょう。留学に当たっては学費だけでなく生活費などもかかります。日本でも実家を離れれば生活費は考えるポイントになりますが、異国のことだけに情報収集はしっかりしたいところです。

日本よりは高い傾向にある

アメリカの大学は基本的に日本より高いとされており、年間300万円ほどみておくのが良いとされています。日本では国公立であれば50万円程度、私立でも150万円程度ですね。もちろん学部によって違いはありますが、アメリカと比較するとやはり安いでしょう。

 

先に挙げたハーバード大学などの名門では500万円近くなるところもあるようです。これに生活費なども加えるので、学費プラス100万円ほどはみておいた方が良いということですね。

地方を選べばトータルを抑えることも

基本的に高いと述べましたが、アメリカでは同じ公立でも差が大きいとされています。日本と同じくらいの100万円程度の大学もあれば、300万円を越える大学もあるということです。やはり地方の方が安いとされており、生活費も同様なので費用を抑える場合には地方を選択するケースも多いとされています。

アメリカの大学留学までの流れ

では最後は、アメリカの大学留学までの流れについてみていきましょう。ここまで挙げてきたことに加えて、流れを知っておくことで準備も計画的に行っていけると良いですね。

まずは大学を決める

まずはやはり大学を決めることからでしょうか。専攻は2年後に選ぶと述べましたが、まったくの白紙で選ぶことは少ないかと思います。目的をもって留学する場合にはそれらの条件と留学費用などから考えることになりますね。また、あまりないかと思いますがとにかくアメリカの大学で学びたいという場合もあるかと思います。

 

その場合には選択肢の広さや地域で考えることにもなるでしょう。費用を考えるのはどちらも同じですね。大学の種類などによっても変わるので、情報をしっかりと集めて考えていきたいものです。

必要な書類を用意

希望の留学先が決まったら、必要な書類を揃えます。エッセイなど自己でできるものであれば段取りの優先順位は下がりますが、推薦文や評定平均などは手元にくるまでの時間を考えましょう。また、英語力の判定としてTOEFLなどが課されます。要求されているスコアを満たしていない場合にはこれらも受験する必要があるので、しっかりと計画を立てましょう。TOEFLであればおよそ80点程度が必要なラインとされています。

ビザとのタイムラグも考慮

必要書類を手元に揃えるまでの計画が大事と述べましたが、ビザもそこには含まれます。ビザの申請から取得までのタイムラグもきちんと計算に入れておきましょう。もしもビザが間に合わないとなったらそれまでの努力が水泡に帰すことにもなりかねません。時間もお金もかけているので、しっかりと進めていきたいものですね。

 

留学するまでの流れとしてはここまで挙げてきた通りですが、準備期間としてだいたい1年くらいというのが一般的なようです。しっかりと準備をして、スムーズにアメリカ留学を実現させましょう。

まとめ

アメリカの大学に留学するということ自体は、とてもハードルが高くて困難であるというものではないと言えるでしょう。しかし、中段でも述べたようにアメリカの大学は入学よりも卒業の方が大変です。また、これは日本でも同じですが、入って終わり、留学して終わりということではなく何を学んで得るかが重要でしょう。卒業後や就職後のことまで考えて、長い目でプランが立てられると良いですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-自己啓発
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.