ヘアケア

今すぐできるアホ毛の直し方6選!アホ毛対策でまとまりのある髪へ

投稿日:

アホ毛とは、頭の分け目あたりからピョンピョンと生えている短い毛のこと。

このアホ毛が出ていると、なんだかヘアスタイルがしっくりこないですよね。

本記事では、今すぐできるアホ毛の直し方と、根本的にアホ毛を無くす対策などヘアケアの方法など盛りだくさんでお届けします。

今すぐできるアホ毛の直し方

朝の忙しいときにアホ毛のせいで時間を取られたくないですよね。

ここからは、今すぐ、そして簡単にできるアホ毛の直し方を6つご紹介します。

ドライヤーで押さえる

アホ毛が気になる根元を、しっかりと水やホットタオルなどで湿らせましょう。

寝ぐせを直すと同じ要領ですね。

アホ毛を押さえながらドライヤーの弱風で、温風と冷風を交互にあててアホ毛を落ち着かせましょう。

 

分け目を変えてみる

アホ毛の直し方の意外な方法として、分け目を変えるというものがあります。

アホ毛は分け目にできることが多いのですが、ほかのところに生えているアホ毛は髪の重みで押さえられているため目立ちにくくなっているのです。

髪の根元を湿らせたらドライヤーで分け目にしたい部分を念入りにブローしましょう。

コームにジェルを取って分け目の部分に塗って落ち着かせます。

分け目を変えてから髪をゴムでまとめておくと、分け目の癖をしっかりとつけることができますよ。

ワックスやスプレーなどで押さえる

アホ毛の直し方として整髪料を使う手段もあります。

そのままスプレーしてしまうとアホ毛以外の場所にもかかってしまうので、コームにスプレーし、アホ毛の部分だけに塗るようにしましょう。

ワックスの場合は、手に少量とって擦り合わせて指になじませてからアホ毛を寝かせていきましょう。

ワックスのおすすめは、「ウテナ マトメージュ まとめ髪スティック」。

 

スティックタイプのワックスなので、手を汚さず洗う手間も省けるので時短になります。

しかも、アホ毛を直すだけでなく、後れ毛やななめにセットした前髪にも塗りやすいののが特徴です。

コンパクトサイズで持ち歩きにも便利なので、外出先でアホ毛が気になったときにサッとお直しできるのもうれしいポイントですね。

購入はこちら

 

ヘアアイロンで他の髪となじませる

ヘアアイロンを使ったアホ毛の直し方をご紹介します。

ヘアアイロンは高温になるため、熱で髪を傷める可能性があります。

アホ毛を直すのに髪を傷めてしまっては、またアホ毛の原因となってしまうので、必ず熱から髪を守るスタイリング剤を付けるようにしましょう。

ヘアアイロンはストレートヘア用を使い、熱から守るスタイリング剤を髪につけたら、ほかの髪の毛となじませるように挟んでヘアセットします。

根元付近のやけどには、くれぐれも注意しながら行ってくださいね。

 

ヘアアレンジで目立たなくする

アホ毛はヘアアレンジで目立たなくすることも可能です。

トップにボリュームを持たせたふんわりとしたヘアスタイルであればどんなアレンジでも良いのですが、おすすめは「くるりんぱ」というヘアアレンジ方法。

くるりんぱは、髪の毛束を引き出してラフ感とボリューム感が出るヘアスタイルなので、アホ毛が目立ちにくくなります。

こちらのページでは、くるりんぱに関する可愛いヘアアレンジ特集をご紹介しているので、アホ毛対策にぜひご一読ください。

 

外出先で気になったらハンドクリームで応急処置

いろいろと自宅でアホ毛の直し方を試しても、髪質によってはすぐにまたアホ毛が元通りになっていることもあります。

外出先でアホ毛が目立ってしまうと、特に営業など会社勤めの方は第一印象も大切なので困りますよね。

そんなときにおすすめなのが「ハンドクリーム」です。

ハンドクリームなら、ほとんどの女性がポーチに忍ばせているのではないでしょうか。

ハンドクリームのテクスチャは、硬めで油分が多めのものがgood◎

ワセリンもおすすめなので、ぜひ1度試してみてはいかがでしょうか。

 

そもそもアホ毛とその原因とは何か?

そもそもアホ毛とは一体なんなのでしょうか。

なぜ短い髪がピョンピョン飛び出すように生えてしまうのか、アホ毛についてとその原因についてまとめてみました。

 

アホ毛には2種類のタイプに分かれる

アホ毛には2種類あり、新しく生えてきた成長過程のアホ毛と、髪のトラブルで切れ毛になってしまったアホ毛に分かれます。

成長過程でまだ短いだけのアホ毛は、健康な髪なのでそのうち伸びて気にならなくなるので放っておいても大丈夫。

しかし、切れ毛が原因のアホ毛は、そのうち枝毛になったり周りの健康な髪の毛を傷つけアホ毛が増える可能性もあるため、対策が必要になります。

アホ毛の原因のあとに対策法をご紹介しているので、まずは原因を知り対策を始めていきましょう。

 

間違ったヘアケア

  • ブラッシングする力が強すぎる
  • 泡立ててシャンプーしていない
  • タオルで髪をゴシゴシと擦りながら拭いている
  • ドライヤーの熱をもろに当てている

上記に当てはまる方はアホ毛が増えるリスクが高まります。

強すぎるブラッシングは髪の毛が切れるだけでなく、頭皮にもダメージを与えてしまうため健康的な髪が生えてこなくなる可能性があるのです。

しっかり泡立ててシャンプーしない人やタオルでゴシゴシ髪を拭いているという人は、摩擦で髪の毛がダメージを受けて切れてしまい、アホ毛の原因となります。

ドライヤーの熱も髪の毛を傷める原因となるため、20cmほど離して風を当て、長時間ドライヤーを当てないようにしましょう。

悪い生活習慣

栄養バランスの取れていない食生活、睡眠不足、ストレスが溜まっているという人は、自律神経が乱れています。

自律神経が乱れると交感神経が優位になって、身体にさまざまな弊害を及ぼすのです。

交感神経は身体を緊張させる役割があるため、血管が収縮し血流が悪くなります。

もちろん頭皮への血流も悪くなるため、栄養が行き届かず健康的な髪が生えてこなくなり、すぐに髪が切れてしまいアホ毛の原因になってしまいます。

 

頭皮のコリ

最近、非常に多いのがデスクワークなどによる頭のコリ。

パソコンやスマホの普及により、実は多くの人の頭が凝っているのです。

コリは、血流が悪く老廃物が溜まっている証拠なので、栄養が頭皮に行き届かずアホ毛になるような弱い髪の毛しか生えてこなくなるのです。

眼精疲労・首や肩のコリなど自覚症状がある人は要注意!頭も凝っている可能性が高いですよ。

 

ホルモンバランスが乱れている

ホルモンバランスの乱れもアホ毛の原因となるので、特に、男性に比べてホルモンバランスが乱れやすい女性は注意が必要です。

ホルモンバランスが乱れる原因は、ストレス・自律神経の乱れ・冷えなどが関係しています

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがありますが、エストロゲンは髪をしなやかに美しく保つ働きがあります。

エストロゲンが減少し過ぎてしまうと、切れやすくもろい髪の毛になるためアホ毛の原因となってしまうのです。

 

アホ毛対策を始めよう

アホ毛の直し方やその原因が把握できたら、最も重要なアホ毛対策をはじめましょう。

アホ毛の原因となる切れ毛を予防するために、正しいヘアケア方法を行うことや生活習慣を正すことが大切です。

アホ毛に効果的なシャンプー&トリートメントを使う

アホ毛対策にはまず、頭皮環境を整えることからはじめましょう

通常のシャンプーは高級アルコール系といって、強い洗浄成分が配合されているため頭皮の皮脂を取り過ぎてしまい、バリア機能が乱れて髪の育成にも大きく関わってしまいます。

そこで最近話題となっているアミノ酸系シャンプー」がおすすめなんです。

アミノ酸系シャンプーは、植物由来の洗浄成分を使用しているため地肌にやさしく、皮脂を取り過ぎないため頭皮環境を整えるのにぴったりのシャンプー。

こちらのページで、おすすめのシャンプーをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

シャンプーの方法もアホ毛を発生させないためにも重要なこと。

  1. 頭皮や髪をシャワーでしっかりすすいで皮脂や汚れを落とす
  2. シャンプーを泡立ててやさしく地肌をマッサージするように洗う
  3. アミノ酸系シャンプーは地肌に残りやすいため、念入りにすすぐ
  4. トリートメントは毛先からなじませるように塗っていき、すすぎ残しがないよう特に頭皮は念入りにすすぐ
  5. タオルで拭くときは摩擦が起きないようやさしく押さえながら水気を拭きとる

すすぎ残しと、髪同士の摩擦に注意することがポイントです。

 

正しくドライヤーを使う

タオルドライしたら、すぐにドライヤーで乾かしましょう。

すぐにドライヤーをすることで、アホ毛以外のイヤな頭皮のニオイなど頭皮トラブルを予防することができます。

  1. 塗れたままの髪にドライヤーの熱から守るヘアオイルなどを塗る
  2. ドライヤーを髪から20cmほど離し、はじめは強めの温風で根本を一気に乾かす
  3. ある程度乾いてきたら、弱風に変えてやさしくブロー
  4. 完全に乾かすと乾燥してしまうため、少し湿っているかな?というところでドライヤーを止めましょう
  5. 最後にヘアオイルで保湿して完了

ドライヤーの熱から守るトリートメントの役割と、ヘアオイルやスタイリング剤の役割を両方兼ね備えているボタニスト ボタニカルヘアオイル モイストがおすすめです。

ボタニカルヘアオイル(モイスト)

植物由来の成分で髪や頭皮にやさしく、髪表面に類似キューティクルを形成してくれるので、髪の摩擦を防ぎ、切れ毛やアホ毛を防いでくれます。

Amazonで購入

ボタニストの口コミ・詳細

 

生活習慣の改善

生活習慣を改善するには髪の毛や頭皮の健康だけでなく、身体全体の健康に役立ちます。

身体の調子が整うことで頭皮環境も改善してくるため、日々の生活習慣を変える努力が必要です。

質の良い睡眠をとる

睡眠不足はアホ毛の原因となると先述しましたが、質の良い睡眠をとることがポイント。

ただ眠ればいいという訳でなく、早寝早起きが重要なのです。

入眠してから3時間後に、成長ホルモンという美肌や細胞の修復などに欠かせないホルモンが活発化します。

成長ホルモンは夜に分泌されるホルモンなので、朝からたっぷり寝るというのは質の良い睡眠とはいえません。

早寝早起きを心がけ、起きたら太陽の光を浴びて睡眠サイクルをリセットしていきましょう。

 

たんぱく質を中心にバランス良く栄養を摂る

髪の毛は、ケラチンというたんぱく質が99%と、18種類ものアミノ酸でできたもの。

たんぱく質を中心に、野菜やミネラルといった栄養素をバランスよく摂取していくことが大切です。

詳しく例を挙げると、

  • 髪の成分である肉や魚(できれば青魚)、卵や大豆製品などのたんぱく質
  • 髪の発毛に関わるワカメや海苔、ひじきなどの海藻類
  • 血行促進するビタミンAとBを含む緑黄色野菜野菜や玄米、ごま、ナッツ類など
  • 同じく血行促進の働きがあるビタミンA・C・E・Fを含む柑橘類
  • 新陳代謝を促す玄米、豚赤身、マグロの赤身、レバーなど
  • 髪のツヤやハリに関わるコラーゲンを含む納豆、長芋、レンコンなど

白米を玄米に変えて納豆と海苔を添える、赤身肉にレモンを絞って食べる、魚は青魚を積極的に摂るようにする、お味噌汁は豆腐とワカメにする、など簡単なので、ぜひ上記の栄養素を少しずつ取り入れてみてくださいね。

 

頭皮環境を整える

アホ毛対策として頭皮環境を整えるには、血行を促進することが大切です。

ヘッドスパや頭皮マッサージなら血行促進だけでなく、頭のコリも改善できるのでアホ毛対策以外にもさまざまな効果をもたらしてくれますよ。

こちらのページでは、ヘッドスパについてや、自宅でできる頭皮マッサージの方法を詳しく説明しています。

ぜひ参考にしていただき、頭皮マッサージで癒されてみてはいかがでしょうか。

冷えを改善しよう

特に女性に多い冷え性ですが、冷えは卵巣機能を低下させてホルモンバランスが乱れる原因となり、結果的にアホ毛の発生につながってしまいます。

冷えを改善するには身体を冷やさないこと、身体を温めてくれる食べ物などを摂取することが大切です。

  • 身体が冷えないよう衣類を工夫する
  • 運動して筋肉をつけて冷えにくい身体を作る
  • 冷たい飲み物を控える(冬だけでなく夏も)
  • しょうがなど身体を温める食べ物を摂る
  • シャワーだけで済ませず湯船にできるだけ浸かるようにする

 

ストレートパーマで対策する

ご紹介したアホ毛の直し方でも直らないという人は、ストレートパーマや縮毛矯正で強制的にアホ毛を寝かせてしまいましょう。

毎日アホ毛に時間を取られることもなくなり、サラサラのストレートヘアを手に入れることができます。

ただし、髪質にもよるので、美容師さんにアホ毛についてや自身の髪質についてじっくり話を聞いてから施術してもらうようにしてくださいね。

紫外線対策は徹底的に

気が付かなかった人も多いかと思いますが、紫外線もアホ毛の原因となるのです。

紫外線が髪に当たると、髪のキューティクルが剥がれてしまいます。

キューティクルとは、髪の内部の水分を保持したり、外部の刺激から守る役割をする重要な部分なのです。

紫外線が強い5月ごろから夏の間は、日傘を差したり帽子を被るなどして紫外線による髪のダメージを防ぐようにしましょう。

 

アホ毛は抜かないようにしよう

アホ毛がうっとおしいからと、抜いてしまう人がいますが絶対にやめましょう。

アホ毛を抜くと、抜いた部分の頭皮がダメージを受けるだけでなく、周辺の毛根にもダメージを与える可能性があります。

加えて抜いても根本的に対策できていなければ、またアホ毛が生えてくるだけ。

アホ毛は直して次に生えてくる髪の毛の対策をしてアホ毛が生えないようにすることが大切なのです。

 

まとめ

アホ毛には種類があり、切れ毛が原因で起こるアホ毛が問題であるということが分かりました。

アホ毛は頭皮や髪の毛からのシグナルだったのですね。

今あるアホ毛は直し方で対応し、次に生えてくる髪をアホ毛にしないよう対策をとることが大切です。

ぜひ、おすすめのアホ毛の直し方や対策をとり、しなやかな髪を手に入れてくださいね!

-ヘアケア
-, , , ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.