ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

アトピー治療で脱ステロイドは必要ない!脱ステロイドは完治の後に!

投稿日:

アトピー治療と言えば、ステロイド治療薬が今や主流となっています。しかし一部の情報では、ステロイド治療薬には依存性がある、ステロイド治療では一生完治することはないという間違った情報が多く見られます。

 

アトピー治療において、ステロイドの必要性、そしてステロイドを利用しない治療のリスクをここで紹介していきます。

ステロイドはアトピー治療に必須の薬

ステロイド治療薬というのは、アトピー治療に必須の薬とされています。

 

これは「日本皮膚科学会ガイドライン アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/atopicdermatitis_guideline.pdf)」によっても示されています。

 

アトピーに対してのステロイド治療薬の抗炎症作用というのは世界的にも認められており、その効果には科学的根拠がしっかりと裏付けられています。科学的根拠がしっかりしている、世界的に認められているというのは逆に言うと、「副作用のリスクを徹底的にコントロールできる」ことを意味しています。アトピー治療に対してのステロイド治療薬というのは基本的に塗り薬です。ステロイド治療薬と言っても飲み薬もありますが、塗り薬と飲み薬では基本的に副作用へのリスクが大幅に違います。

 

出回っているステロイドに対する偏見の中には、飲み薬と塗り薬の区別をせず、「副作用がとても大きい」とまとめてしまっている情報が非常に多いです。飲み薬は全身に作用する強い薬であり、アトピー治療においては非常に重症な場合にしか利用をしません。一方塗り薬というのは局所的な作用であり、塗った部分にしか影響はなく、飲み薬に比べてステロイドの副作用が出てくるリスクは非常に小さくなります。

塗り薬で副作用が大きく出てくる症例は実は少ない

ステロイド治療薬における塗り薬で副作用が出てくるケースというのは実は少なく、重篤なケースに発展していくことはあまりありません。何年も大量に利用をしている(べとべとになるほど毎日塗っている)ことを繰り返さない限り、副作用が出てくるリスクというのは実は少ないのです。

 

というのも、ステロイド塗り薬を利用していく場合、まず医師によって肌にあったランクのステロイド塗り薬を出されます。ストロンゲストが一番強く、それについてベリーストロング、ストロング、ミディアム、ウィークと続き、ウィークが一番弱いステロイド塗り薬となります。

 

どのランクのステロイドが支給されるかは大人と子どもで判断されることも多いですが、塗る部位によって決められることも多いです。医師がこの判断を間違えることは少なく、顔(敏感な部分)等にストロンゲストのステロイド塗り薬を出していくことはほとんどありません。このランク分けというのは副作用を出さないためのシステムと考える必要があります。

 

※ステロイド塗り薬による肌の副作用は、ストロングレベルのものを1ヵ月で300g以上利用した際に出てくるとされています。この量は尋常ではない量を意味しており、一ヶ月で300gの利用を許可する医師は間違いなくいません。

※ステロイド塗り薬の副作用は、皮膚が薄くなる、毛細血管の拡張、にきび等の皮膚症状に限られます。副腎が弱くなる、内蔵機能に影響が出てくる、骨が弱くなるなどの全身症状、肌以外の症状に関してはステロイド内服薬の副作用となるので、塗り薬でこのような副作用が記載されている情報は信頼性が低いと考えておくべきです。

科学的根拠、利用の仕方が具体的にわかっている強み

ステロイド治療薬をアトピーで利用していく場合、長期的に利用して良い状態なのか悪い状態なのかを医師は情報として多く持っています。これは科学的根拠が立証されているのと同時に、多くの症例に関する情報があるからです。

 

肌が感染症等を起こしている場合、またはニキビなどのできものが出来てしまっている場合、ステロイドは一時利用しないほうが良いというのは共通認識となっています。それゆえに間違いが起こりにくく、ランクを下げたり、使用期間を定めたりなど対処方法も豊富に存在します。

 

アトピー治療におけるステロイド治療薬というのはその全貌が理解されている分、予想できない事態が起こりにくく、安全度の高い治療方法になります。

ステロイドの誤解と偏見は実際とは大きく異なるステロイドの姿

安全性の高いステロイド治療薬になぜここまで偏見と誤解が生まれてしまったのか・・・ということですが、それには過去のステロイドの間違った利用の仕方が大きく影響しています。

 

1990年前後においては、ステロイド治療薬は「化粧が良く乗る薬」という認識で症状がない人も過度な利用をされていたことがあります。当然症状もないのに利用をしていたので、大量の副作用による被害者が生まれ、ここで「ステロイドは危険だ」という認識がメディアを通じで大きく広まってしまったのです。

 

そして現代に至るまでに、上記でも説明した塗り薬と飲み薬の区別なく「副作用が危険だ」という情報が生まれ、偏見と誤解が生まれています。

 

そしてそこに拍車をかけているのが「アトピービジネス」です。ステロイド治療薬の誤解と偏見を生み出しているのは現状ほとんどがアトピービジネスによる情報です。アトピービジネス、とにかくステロイド治療薬を利用しないで、アトピーを改善する方法や商品を売っていくというビジネスです。現実的なことを言うと、このアトピービジネスの商品や方法のみで治ることはほぼありません。

 

逆に、ステロイド治療薬を利用しないで対処できる症状というのはもはや何もしなくても自然と治っていく状況であり、アトピービジネスに頼る必要もない段階です。

 

症状が大きく出ている状態には、必ずステロイド治療薬が必要であり、ここで利用をしないのは症状の悪化にしかつながりません。「一時の我慢をすれば治る」という言葉をアトピービジネスではよく使いますが、この言葉を信じて症状がまったく改善しないまま時間だけが過ぎる、また皮膚の機能がまったく維持できなくなり全身の感染症につながってしまい非常に重篤な症状につながってしまうケースがあります。(詳しくは次の「完治していない状況での脱ステロイドの危険性」で説明します)

効果が立証されているステロイド治療薬と根拠のないアトピービジネス

ステロイド治療薬には確かに副作用があります。しかしここで誤解を生んでしまわないようにするためには「副作用がある」ということは副作用のリスクを把握できているということです。そしてそれに対する対処方法も存在することになります。アトピービジネスによる商品や方法はステロイド治療薬の副作用を強調する反面、ビジネスにおける方法や商品においては副作用がない、完治することを強調しています。

 

副作用がないということは、「何か異変があった」時に何が原因がわからない・・・ということです。明確な対処方法もわかりません。(実際に副作用がまったくない治療方法などありません。アトピービジネスの誇張表現です)副作用がない・・・ということに対して多くのアトピー患者がもっと危機感を覚えていくべきなのです。

 

ステロイド治療薬に対して「危険」という言葉を使っていた場合、それはステロイド治療薬の間違った姿を表現していることになります。

完治していない状況での脱ステロイドの危険性

ステロイド治療薬における非常に大きな間違いを広めている情報の一つに「脱ステロイド」という言葉があります。

 

脱ステロイドというのを「ステロイドを利用しない治療方法」と勘違いをしてしまっている人が多くいますが、これは大きな間違いです。脱ステロイドというのはステロイド治療薬を利用している治療の一部であり、決してステロイド治療薬を利用しない方法ではないのです。

 

正しい脱ステロイドと間違った脱ステロイドの違いは非常にわかりやすいです。

●正しい脱ステロイド

症状が強いからステロイド治療薬を使う→症状が治まる→使わない日が増えてくる→気づいたら使わなくなっている→正しい脱ステロイド

●間違った脱ステロイド

症状が強いからステロイド治療薬を使う→ステロイド治療薬には依存性がある(誤解)から使いたくない→急にステロイド治療薬を利用しないようにする→間違った脱ステロイド

 

 

脱ステロイドは、症状が治まってきて自然とステロイド治療薬を利用しなくて良い状態になることを意味し、症状があるのにステロイド治療薬を利用しないことではありません。この点には大きな注意が必要です。

 

また間違った脱ステロイドにおいて常識になっているのが炎症によって見られる浸出液(肌がジュクジュクした状態)について「体からいらないものを排出している」という考え方です

 

これもまた大きな間違いです。この浸出液は炎症によって引き起こされているものであり、炎症を抑制しなければ止まりません。出し切るということをしてしまうと、炎症を長引かせ肌の状態を非常に悪くさせ、感染症などの原因になりえます。またそれだけではなく浸出液によって見た目に非常に大きな不安感を覚えてしまったり、ベッドが汚れる服が汚れるなどのストレスが非常に大きくなり、生活の質を著しく落としてしまう可能性があります。炎症が原因なので治療をしなければ止まりません。我慢をしていれば止まるという言葉を信用するべきではないでしょう。

なぜ脱ステロイドという言葉があるのか・・・

脱ステロイドはステロイド治療薬を利用しないのではなく、利用しなくても良い状態のことを意味しています。この脱ステロイドが大きな意味を持ってくる場合というのは、治っているのに(炎症が見られる頻度が本当に少なくなっている)、それまで使ってきた薬だからこそ塗らないと不安になってしまうという状況となります。

 

ほぼ症状が見られないのに、不安で薬を利用してしまうと副作用のリスクしかありません。薬を使うメリットがないので、脱ステロイドが必要ということになります。

 

ステロイド治療薬に依存性があるという誤解や偏見もこの部分のみが湾曲して広がってしまった結果です。脱ステロイドというのは、ほぼ治っているのに、薬を使わないと安心できない精神的な問題がある人にこそ必要な考え方なのです。アトピーの炎症が出ている人にはそもそも当てはまらない考え方であるということです。

ステロイド治療薬をアトピー治療につなげる3つの法則

ステロイド治療薬をアトピー治療につなげるための3つのポイントを紹介していきます。

1、ステロイド治療薬を恐がらない

これはとても大切です。ステロイド治療薬は基本的に医師にしっかり診てもらった後に利用することが大原則です。そのため定期的に皮膚科に通うことは必須です。(そうしないと薬が切れてしまうことにもなります)

 

上記で説明してきたようにステロイド塗り薬で副作用が出てくることはあまりありません。出てきても肌限定の症状が多いです。恐がらずしっかり利用していかないと、効果があるのかないのかもわからず、ステロイド塗り薬のランクがあっていないのか、十分な量塗れてないだけなのかがわからなくなります。ステロイド塗り薬の効果が計れないというのはアトピー治療において大きな壁になりがちです。そのため恐がらず、利用をしていくというのは大きなポイントです。

2、かゆいなら塗る

これもポイントです。かゆみを我慢するとそのストレスが広がりかゆい部分が大きくなってしまうことがあります。すこしかゆいと思ったらそこで塗ってしまっても大きな問題はありません。あまりにも多くの部分がかゆい場合には、医師に指示された量塗れていない可能性が多いため、お風呂上りに塗る量を増やす、朝塗る量を増やすなどの工夫をしてみると良いです。

 

またしっかり保湿をしていくことも大切です。アトピーのせいでかゆいと思っていたものが実はただの乾燥でかゆくなっているということも少なくありません。ベストは保湿剤も利用していくべきです。

 

赤くなっている、保湿剤を塗ってもかゆみが収まらない場合は、ステロイド治療薬を利用していくと良いです。ランクがあっていない場合もありますが、ベリーストロングレベルのものであれば純粋に塗る量が足りていない可能性が高いです。

3、排便をしっかりする

腸と肌の関係というのは意外と深いものがあるとされ、アトピーの人は便通が悪い傾向があるとされています。実際に排便をスムーズにできるようになると体からいらないものを排泄する力が高まり、代謝や血流も良くなります。これはアトピーにとってとても良いことです。

 

脱ステロイドに出てきた浸出液は体からいらないものを出しているという間違えた考え方は、肌から出していくことということが間違いであり、排便で出していくということであれば、正しいことになります。

アトピーになると肌の状態に敏感になって当然

アトピーになると、肌の状態にとても敏感になります。これは薬を塗る時に肌の状態をよく観察するようになるからです。「肌が汚い」と感じることもあるかもしれませんが、あまり気にする必要はなく、肌の状態に敏感すぎるゆえにちょっとした傷跡や染みを気にしすぎているだけということもあります。

 

もし炎症が強くなってしまったり、激しくかきむしってしまった場合も「薬を塗れば治る」とある程度気軽に考えて、肌の状態に一喜一憂しすぎないようにすることが大切です。

 

肌の悩みというのは、アトピーであるかどうか関係なく多くの人が持っています。肌に関心を大きく持てるアトピーの人はむしろ肌の状態をチェックしやすい心境にあり、症状さえ抑えていくことができれば、肌の状態を大きく悪化させるリスクが低くなるとも考えられます。

まとめ

アトピーの治療薬であるステロイド治療薬には現状多くの誤解と偏見があり、本当の姿を見ていくことがとても難しいです。しかし実際には非常に大きな治療効果が立証されており、リスクもコントロールしやすい安全性の高い薬です。内服薬のステロイドのリスクをできるだけ取り除き局所的な効果を期待していけるようにしたのがステロイド塗り薬です。

 

恐がらずしっかりと利用し、定期的に医師に確認してもらえれば、これ以上ない治療効果を期待していくこともできます。アトピービジネスに騙されてしまい、ステロイドに対する偏見を強めてしまうのが現状一番治療から遠ざかってしまう行為となります。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.