ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美肌

【最新版】アトピーの黒ずみを消す効果的な方法

更新日:

アトピー背皮膚炎を繰り返していると、いつの間にか肌が黒ずんでいる。こんな悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。皮膚が炎症を起こしてできてしまうものなのですが、なんとか改善する方法はないのでしょうか。そこで今回はアトピーによってできてしまった黒ずみを消す効果的な方法をご紹介します。

1、アトピーの黒ずみ原因は色素沈着

まず、どうしてアトピーの炎症を繰り返すことによって、黒ずみになってしまうのか。その原因から探っていきましょう。根本的な要因は色素沈着を起こしてしまうことにあるのですが、なぜ、こんなことになってしまうのか、しっかりと理解する必要があります。

色素沈着のメカニズム

この言葉をよく聞く人も多いかと思いますが、どういった構造をしているのでしょうか。まず私たちの皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3層に分かれています。黒ずみを起こす原因とも言われているメラニンは表皮にあるメラノサイトと呼ばれる細胞で生成されます。このメラニンが何らかの影響によって黒ずんでしまう現象が色素沈着です。

 

しかしながら、通常、皮膚は表面に押し上げられて、最終的には剥がれ落ちるというサイクルを繰り返していて、これがターンオーバーです。これが繰り返されることによってメラニン色素で黒くなってしまった細胞も皮膚と一緒に剥がれ落ちていき、色素沈着は残らないようになっています。

炎症後色素沈着

メラノサイトで生成されたメラニンは表皮へと押し上げられることを繰り返しますが、これが成立しない場合があります。それがアトピーなどで強い炎症を起こしてしまうことによって活性酸素が発生します。これによりメラノサイトが刺激を受け、チロシナーゼと呼ばれる酸化酵素を活性化させます。

 

それがアミノ酸をメラニンに作り変えることによってメラニン色素を合成することがあります。これが残ってしまった状態のことを炎症後色素沈着と呼ばれています。真皮の細胞にメラニン色素が取り込まれてしまっているため、炎症が収まらない限りは表面へと押し上げられることはありません。

2、アトピー治療を優先すべき!?

黒ずみにもなっていて、まだアトピーの症状もあって肌が痒い。そんな状態の場合はどちらの治療を優先すべきなのでしょうか。先にもご紹介しましたが、アトピーの炎症によって肌が刺激されてメラニン色素が過剰に生成されて結果的に黒ずみとなってしまっています。このことからも、どれだけ黒ずみの治療を行っても意味がありません。

 

確実にアトピーの治療を優先させましょう。炎症を鎮めない限りは、どれだけ頑張っても結果は同じです。さらにこれを行ってしまうことによって、肌に余計な負担を掛けてしまう可能性もゼロではありません。計画的かつ、順番を意識して治療に励んでくださいね。

3、アトピー治療後の黒ずみを消す方法

アトピーの症状も一切出なくなった時点で、黒ずみを消す段階に入っていきましょう。病院でのレーザー治療、イオン導入など、数多く治療法は存在しますが、今回はその中でも自宅で気軽に行える黒ずみ改善方法をご紹介します。

美白クリーム

肌のターンオーバーを促進させ、肌のリズムを美白成分が配合された専用のクリームを使っていきましょう。アトピーがある人は特に肌が敏感になりやすく、配合されている成分には気を付けましょう。可能な限り無添加、特にアルコールや着色料、パラベンなどは皮膚に強い刺激を与えてしまうため、避けましょう。

 

次にメラニンの生成を抑えて、ターンオーバーを促進させてくれる美白成分ですが、ビタミンCやハイドロキノンなど、さまざまです。特に最近注目を集めているのが、トラネキサム酸です。実際に美容クリニックなどでも使われていて、効果も高いと言われています。自分の肌に合ったクリームを選択してくださいね。

保湿ケア

身体のどの部分に関しても共通して言えることですが、スキンケアに保湿は基本中の基本です。これを怠ってしまうことによって、他の美容成分の効果が半減してしまうことがあります。肌の潤いを常に保つ気持ちで行うようにしましょう。美白クリームと同様に、皮膚の刺激が強い成分を選んでしまうことによって肌トラブルの原因ともなってしまいます。

 

余計な成分が含まれていることによって、それが結果的に炎症を起こす原因となってしまい、色素沈着を悪化させてしまうこともあります。最近では保湿効果のある成分に関してさまざまな研究が行われています。インターネットなどで高い製品を購入しなくても、ドラックストアで販売されているもので十分に賄うことができますよ。

水素水

以外だと感じるかもしれませんが、水素水は肌荒れや炎症を抑制する働きがあると研究結果で得られています。水素に含まれている抗酸化作用によって、アトピーの炎症を抑えるサポートをしてくれるのです。根本から治療を行うことによって、痒くなることもなくなり黒ずみになる心配も軽減されます。

 

また、水素水にはターンオーバーを促進させる役割も担っています。他にも美肌への効果やダイエット、生活習慣病の改善、脳梗塞防止、ガン予防など、多くの効果が期待できますよ。普段の水分補給を水素水に変えるだけでも身体の健康状態に影響が出てくるため、もちろん即効性は期待できませんが、試してみることをおすすめします。

4、アトピーの黒ずみには睡眠が鍵!?

黒ずみを改善させるためにも、生活習慣のリズムを整えることは非常に重要です。栄養バランスに気を使った食事を心掛けたり、適度な運動を習慣化したりと健康な身体を手に入れることによって、肌にも影響されます。しかし、その中でも睡眠がアトピーの黒ずみと深い関係があると言われています。一体どういうことなのでしょうか。

副腎皮質刺激ホルモン

アトピーによる黒ずみを改善させるためには、皮膚が新しく生まれ変わる必要があります。そのための皮膚細胞が活性化される時間帯が午後10時から午前2時までと言われれています。この時間帯で一体何が行われているのでしょうか。それが副腎皮質刺激ホルモンの分泌です。

 

副腎皮質ホルモンの促進を行うホルモンのことを言います。何のことかさっぱりという人がほとんどでしょう。つまり副腎皮質とはステロイドです。アトピーの炎症を抑えるために病院などから処方してもらうものなのですが、自然に体内で分泌された副腎皮質刺激ホルモンは一切副作用がなく、リスクを背負うことなくアトピーが改善されます。

早寝早起きが理想

「早起きは三文の徳」という諺がありますが、まさにその通り。まず早起きを行うためには早寝を心掛けましょう。そして早寝をすることによって、副腎皮質刺激ホルモンの分泌が行われ皮膚細胞が活性化も同時に行われます。つまり、アトピーの黒ずみで悩んでいる人であれば、早寝を心掛けない意味がないということです。

 

では、早寝早起きを習慣化しないことによって、どうなってしまうのか。答えは簡単です。結局身体のリズムが乱れてしまい、アトピーや黒ずみの改善を遅らせてしまうことになります。黒ずみを発見したら、早めのケアを心掛けましょう。

5、まとめ

アトピー性皮膚炎を繰り返すことによってできてしまう黒ずみの効果的な消し方をご紹介してきましたが、お分かりいただけたでしょうか。敏感になってしまっている肌だからこそ、慎重に治療を行うようにしましょう。是非、普段の生活に取り入れて、肌の悩みを解決していってくださいね。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-美肌
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.