ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

病気

【嘘!?】【注意喚起】アトピービジネスとは?ステロイドはだめ?

更新日:

アトピー治療をしていく際に、多くの人がインターネットで情報を検索していく時代になってきました。気軽に誰でもアトピーについて知っていけるメリットが出てきた一方で、アトピービジネスという思わぬデメリットも生まれてきてしまっています。ここではアトピービジネスの現状と注意点について紹介をしていきます。

アトピービジネスの現状と注意点

アトピービジネスについては、その危険性が大きくとり立たされています。しかしアトピービジネスが消えることはないとされています。そのもっとも大きな理由は「アトピーが治らない病気かつ、致命的な病気ではないから」です。

 

アトピーの症状というのは、あくまでも「かゆみ」の範疇です。(ただ症状を抱えている人にとってこのかゆみがどれだけ辛いかというのは、症状を体験している人にしかわかりません)

 

かゆみを抑えることができれば・・・と安易に考えてしまう人がいるからこそ、アトピービジネスは成り立ってしまうのです。

ステロイドを攻撃のえさにするやり方

トピービジネスは必ずと言って良いほど、現代のステロイド治療を否定してきます。ステロイド治療薬に関しては、今現在やっと正しい姿が情報として流されるようになってきていますが、それでも誤解や偏見はとても多いです。下手をすると医師が誤解をしているケースもあります。

 

アトピーは致命的な症状にならず、なおかつ美容という目的でビジネスにしやすい要素を持っており、なおかつ「ステロイド」という攻撃しやすい標的がいることが蔓延の原因になっています。

現代医療をそれらしく否定するやり方

 

 

アトピービジネスの注意点は、単にアトピービジネスの根拠のない治療に手を染めてしまうだけでなく、現代医療へのひどい誤解や偏見を生み出してしまう点です。

 

アトピービジネスは間違いなく、「ただひとつの治療方法」で治療をしてこようとします。

 

わかりやすくいうと「これさえしていれば治る」という表現です。

 

なぜこのようなことをするのかというのは非常に簡単な理由であり、ビジネスの治療法に依存をすればするほど、ビジネスとしては展開しやすくなりかつ利益にもなります。

 

しかし、アトピーをひとつの方法で治療していくことは不可能です。

アトピービジネスは洗脳に近い・・・

 

アトピービジネスは、ビジネスでとりあつかう治療をとても科学的に説明してきます。「自己免疫」「体質」という言葉がよく利用される言葉です。あるいは「漢方」「治癒力」なども利用されることが多い言葉です。

 

これらの言葉は、現代医療を否定する言葉と一緒に利用されることが多く、非常に偏った知識で紹介されていることが多いのです。

 

例として、ステロイドは免疫抑制剤であり、利用し続けると免疫力の低下につながる・・・などという言葉です。

 

通常アトピーで利用するステロイド塗り薬で免疫力が著しく低下することはありません。低下をしたとしても「肌」限定であり、体全体の免疫力に影響を及ぼすことはほぼないとされています。上記の説明はステロイド服用薬と塗り薬をごちゃまぜにした結果となります。

 

それと同時に、自己免疫力を高めることのメリットを紹介して、治療としての効果の高さを紹介し、信じ込ませていくのです。

アトピーと免疫力の関係

 

アトピーの情報を見ていると、アトピーは免疫力を高めれば治るという情報を目にします。しかし実際はそんなに単純ではありません。もし免疫力を高めるだけで治るのであれば、根治の方法はすでに見えてきているでしょう。

 

免疫力の存在は人の健康を意識する上でとても大切です。アトピーの場合、免疫力が低下しているから症状が出てくるのではなく、免疫異常による要素のほうが大きい傾向にあります。つまり、免疫としての機能の調整が普通の人に比べてうまくできていないということです。これは必ずしも免疫機能が低下しているということにはなりません。

免疫は健康の基本ではあるが・・・

もちろん、免疫機能が低下すれば、多くの病気に発展しますが、もしアトピーの人の免疫機能が低いのであれば感染症によるリスクがもっと大きく取り上げられているはずです。(掻き毟った結果、感染症になるというのは、免疫とはまた違う問題と言えます)

 

免疫機能を高めることによるメリットは確かにありますが、それだけで改善をさせていくことが難しいのがアトピーという症状です。この点には注意が必要となります。(免疫機能を高めるだけでアトピーが良くなると専門家が言っていることもあるのでこの点にも注意が必要です)

 

※免疫力を高めたほうが良いという情報の中には、ステロイドのせいで免疫力が低くなっているからという理由をつけている情報もあります。しかし上述したように、正しいステロイド塗り薬の利用で、免疫力の低下、および感染症になることはほぼありません。免疫力を下げてしまうのは、主にステロイドの飲み薬の副作用です。

アトピービジネスでよくなった人が多ければ大ニュースになっているはず…

 

 

アトピービジネスでよく耳にするのが「ステロイドを絶ったら症状が良くなった」「これを使ったら症状が良くなった」「○ヶ月で症状が良くなる」という表現です。

 

正直、これが本当に根拠のある治療方法で実践されていたとすれば、世界的ニュースであり大発見につながります。しかし残念ながらそのようなニュースはありません。

 

その一番の理由は、「再現性がないから」です。わかりやすくいうと、根拠がはっきりしておらず、治療として考えるのはあまりにも未熟ということになります。

 

再現性のある治療は、ある程度どのような人にも通用する効果をもっているものであり、アトピービジネスの場合、1人が良くなると、それを大々的に取り上げて「効果がある」と言っているだけで、ほかの人には通用しないことがほとんどです。

 

そのため「ビジネスの治療で改善したのか、もともと自然治癒するような流れだったのか」を証明することができないのです。

ステロイドでアトピーは治らないという表現について

 

アトピービジネスで言われることが多い言葉としてもうひとつ注意しておきたいのが「ステロイドでは治らない」という言葉です。

 

これを目にすると多くの人が「ステロイド治療薬」を利用しないほうが良いと思ってしまいます。しかし、現状、「ステロイド治療薬」より良い治療方法はないとされています。これは日本だけでなく、世界でも同様です。

 

ステロイドでは治らないという言葉をもし借りるのであれば、

 

「ステロイドでは治らない、しかしステロイド以外の治療でもなおらない」

 

というものになります。

無責任にステロイド治療の否定をする情報

ステロイド治療薬を否定していく情報は必ず、副作用や免疫力低下を軸に話を進めていきます。しかし何度も言いますが、アトピーで利用されるステロイド塗り薬は副作用をできるだけでないように配慮された薬であり、正しく使えばアトピーの症状を効率よく抑制していくことができます。

 

ステロイド治療薬のみで完治させることができないのは真実です。しかしかといって、ステロイド治療薬を利用しない治療は、今現在実用性のあるものと認められていません。

心理的に余裕がないとビジネスにひっかかりやすくなる

 

アトピービジネスにひっかかる人の特徴は「心理的に余裕がない」というものです。

 

重症の人は、ステロイド塗り薬を自宅で利用していても症状が治まらないことが多いです。

 

そうなると、将来に絶望したり、現状に答えを見出すことができなくなり、安易な「完治」という言葉に踊らされてしまいやすくなります。

 

重症な人は必ず医師に相談をしましょう。「治らない」ことを伝え、薬のランクを上げてもらうなどの対処をしてもらうことが必要です。

アトピー治療の初期が症状の沈静化に重点を置くわけ

強いステロイド剤を利用してでも、初期に症状を沈静化させることが重要な理由は、強いステロイド剤の副作用よりも、症状を我慢して悪化させるリスク、悪化したことにyろう生活の質の低下、感染症のリスクのほうがずっと大きいからです。

 

強いステロイド剤を利用することを恐れて、症状を放置し「いつか治る」と信じている人はその考え自体がすでに「アトピービジネス」に感化されすぎていることに気づいてください。そしてアトピービジネスに対して大きく注意することが大切です。

 

重症な場合には、強いステロイド剤、塗り薬ではなく飲み薬も視野にいれていくべきでしょう。(飲み薬を塗り薬のように気軽に処方していく医師はおそらくいないと思います。飲み薬は全身に副作用を及ぼす効果とリスクが大きな薬であり基本は短期集中処方となります)

アトピービジネスの注意喚起はされているが・・・

アトピービジネスに関して、注意喚起はとても強くされてきています。アトピービジネスというキーワードで、「危険」「注意」「嘘」という情報が一緒に見られるようになってきています。

 

しかしその一方で、ステロイド治療薬に対する誤解も増えてきています。この誤解があるかぎりアトピービジネスがなくなることはおそらくないでしょう。

 

誤解があるかぎり、ビジネスとして入り込んでくる隙間が存在することになります。

 

アトピービジネスで利用される「ステロイドに対する偏見」の情報を見た時、必ず意識してほしいのが

 

「悪化の原因が本当にステロイド治療薬」なのか・・・

 

ということ、そして

 

「ステロイド治療薬で、普通の生活をすることができている人もいる」

 

という事実です。

 

薬を一度利用すると一生利用し続けなければいけないという情報もありますが、この情報自体根拠がありません。

 

利用し続けなければいけないが、利用頻度が非常に減るケースもあります。これは言ってしまえば、かぜを引いた時にかぜ薬を利用していくのと同じです。(かぜを一生ひかない人はおそらくいないでしょう)

 

情報に振り回されない注意力が今求められています。

※アトピービジネスで気をつけておきたい点

・完治と言う言葉を利用してくる(現状アトピーの完治ができたら世界的発見です)

 

・お金を請求する(アトピービジネスであると同時に情報商材ビジネスです)

 

・「体内の毒素を出す」と言う表現がある(アトピーの症状は毒素ではなく炎症によるものであり、症状は毒素が蓄積した結果ではありません)

 

・体験談が記載されている(効果があったという体験談のみであることがほとんどであり、これが本当かどうかすらわからないことが多いです)

 

・名誉教授、海外の論文発表などの言葉に踊らされない。(宣伝文句として利用される常套手段です。特に海外の論文発表等は、発表されただけで評価されていないということがほとんどです)

 

・ビジネスを展開している団体名が「研究会」などの表記で、実態を隠している(医療関係の会社でない場合、ほとんどアトピービジネスです)

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-病気
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.