ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

むくみ

むくみ解消【簡単】知って役立つ「対策・原因・予防」

投稿日:

どうして体がむくんでしまうのでしょうか。一般的に、病気などによって引き起こされるむくみを除けば、女性の方がむくみを起こしやすい傾向にあります。
 
 
この原因は、女性の体質の方が男性の体質よりもむくみを引き起こしやすいからです。

体の6割を占めている水分がむくみを引き起こす

おそらく、多くの人が、水は人間の体の6割を占めているということをご存知だと思います。
 
 
このバランスは、体内の機能によって保たれていますが、その機能に問題があると、このバランスが崩れてしまい、むくみが引き起こされます。
 
 
むくみは、重大な病気を患ったり、大事な臓器に異常があったりする場合だけでなく、暴飲暴食や、生理、体調不良などの小さな問題でも引き起こされます。
 
 
また、生活の仕方でもむくみを引き起こします。例えば、乗り物の運転や、デスクワークなどで、長時間座っていたり、逆に、立ち仕事などで立ちっぱなしだったりすることでも足がむくんでしまうこともあります。
 
 
他にも、塩分や糖分の取り過ぎなどによって体液の浸透圧が狂ってしまい、むくみを引き起こしてしまう場合もあります。

むくみとはれの違い

shutterstock_65624617
 
 
むくみとはれが全く別のものだとご存知でしょうか。パンパンに体の一部が膨らんでいると、すぐにむくみと思ってしまう人が多いのが現状です。
 
 
むくみというのは、浮腫という別名を持っており、血管から、血液中の水分が漏れ出し、溜まってしまった状態を指します。むくみの特徴としては、指で膨らんでいる部分を押してみると、しばらくの間皮膚が沈んだままになるというものがあります。
 
 
それに対しはれは、リンパ節や皮膚、臓器自体が膨らんでいる状態を指します。むくみは病気が原因のものだけではなく、1日の終わりに足がむくんでいる状態のように、一時的なものもあります。むくみの原因、綬類は様々なので、どうしても予防改善ができないようであれば、医師に診断してもらうのが良いでしょう。

顔がむくむ原因と予防法

shutterstock_249122869 美容に大きな問題を与える、顔のむくみ、顔が大きく目が小さく見えるので、なんとか予防したいものです。
 
 
そのために、どうして顔がむくんでしまうのかを理解することから始めましょう。まずむくみの、そもそもの理由は余分な水分が、血流などの問題で溜まってしまい、その部分が膨らんでしまうからです。
 
 
水が溜まっている、と言われると、体の下の方である脚などの方がむくむはずだと思ってしまいます。現に、夕方に足がパンパンになった経験がある人もいると思います。
 
 
もちろん、座っていたり、立っていたりする時は脚にむくみが発生しやすいのですが、寝転んでいる状態ではどうでしょうか。
 
 
寝転んでいれば、重力の影響もないので、位置によるむくみやすさの差はありません。顔のむくみは、基本的に、起きた時がピークで、普通であれば、昼ごろには自然に解消し、元通りになります。
 
 
しかし、午前中もむくんでいるのはいやだという人がほとんどだと思います。その場合は、むくみを予防することが重要です。むくみの原因となる、疲れやストレス、冷えなどを事前に防ぐということです。
 
 
例えば、前日に運動やマッサージ、入浴で体を温めて、血流を良くしておきます。そうすると、体に余分な水が溜まりにくく、むくみを未然に防ぐことができます。
 
 
また、運動などで筋肉をつけておくと、心臓へと血液を送り返す力が強まり、血流改善につながるので、二つの効果が期待できます。また、飲酒や、塩分の多い食事もむくみの原因となるので、これらの摂取を避けることも重要です。
 
 
もしむくんでしまっても、起床してから運動してみたり、お風呂に入ったりしてみると改善されるので、午前中もむくんでいない顔でいることができます。これらの行動で、顔のむくみを予防しましょう。

手がむくむ原因と予防法

むくみの原因は体の余分な水分が溜まることですが、よく動かしている手にもむくみが起きてしまいます。脚のような心臓から遠く、位置的にも心臓より低い部分がむくむのは想像しやすいですが、どうして手がむくんでしまうのでしょうか。
 
 
他の部位のむくみが生活習慣に大きく関係しているのに比べ、手のむくみは病気や栄養、体調などに深い関係があると言われています。
 
 
ですので、手にむくみを感じる場合には、病院に行き、きちんとした診察を受けるのをおすすめします。手がむくむ原因は、他の箇所のむくみと同じく生活になじみ深いものでは、塩分の取り過ぎや、水分の摂り過ぎです。
 
 
また、それらの影響が出やすいのは寝転んでいるときで、寝起きなどは顔や手などがむくみやすい傾向にあります。また、女性ホルモンによってもむくみが引き起こされるので、生理前や妊娠中は手がむくむことが多くなると思います。
 
 
他の箇所よりも手がむくんだ場合に注意しなければならないのは、血流障害や内臓疾患などの病気です。内臓疾患は医療機関の診断と指示に従うほかありませんが、血流障害は改善することも可能です。
 
 
血流障害は同じ姿勢を長い時間続けている際に起こります。血流障害はむくみ以外にも腰痛や肩こり、冷え症などの原因にもなります。
 
 
血流障害は、血流やリンパの改善によって防ぐことができます、そのために、マッサージや運動などで体を温めるのが良いでしょう。また、運動によって筋肉をつけて、筋肉による血流改善も目指しましょう。
 
 
また、手の筋肉を動かすことによって血流改善をすることもできます。手を上に挙げて、手首や指を動かすだけです。この動作で手のむくみを改善することもできるので、手軽なことから始めましょう。

脚がむくむ原因と予防法

shutterstock_226619407 むくみの起こりやすさや、起こる理由はその箇所その箇所によって違います。脚はむくみが最も起こりやすい個所です。
 
 
むくみは体内に水分が溜まって起きるので、血液を送り出す臓器である心臓より低い位置にあることの多い脚がむくみやすいのは想像しやすいと思います。
 
 
また、心臓からの距離で考えても脚はとても離れていて、むくみやすい条件はそろっているともいえます。現に、1日の終わりには脚がパンパンになっている感覚が頻繁にあったり、靴のサイズが合わなくなってしまったりする人は、少なくないと思います。
 
 
昼は立ちっぱなしや座りっぱなしになることが多いので、脚は常に水が溜まりやすい環境にあります。他にも、ヒールや、きつい靴も血行を悪くして脚をむくみやすくしてしまいます。下着の締め付けも血行を悪くし、脚がむくんでしまう原因です。
 
 
脚がいかにむくみやすい環境にあるかを理解していただけたでしょうか。脚のむくみを改善するにはしっかりとした予防が必要です。
 
 
まず、血流の改善にあたって、冷えを防ぎましょう。体が冷えてしまうと、血管やリンパ管が細くなってしまい、血流が滞ってしまいます。
 
 
具体的には、エアコンなどの利用を抑え、しっかりお風呂に入り、適度な運動を行います。冷たい空気は、暖かい空気より重いので、部屋の下側に溜まってしまいます。
 
 
つまり、脚はとても冷えやすい位置にあるのです。冬も、脚の保温のために温かい服を着るよう心がけましょう。スカートなどは脚を冷やしてしまうのでおすすめできません。冷えを意識するだけでも、脚のむくみはだいぶ改善されるはずです。
 
 
また、座りっぱなし、立ちっぱなしによる血液の滞留も意識しなければなりません。血行を良くするためには、脚を心臓より高い位置に挙げるのが一番良いのですが、そういうわけにもいかない場合は、脚を動かして、脚の筋肉を使ってあげましょう。

まとめ

むくみ全般に言えることですが、ストレスなどを溜めずに、栄養にも気を遣った食事を心がけることが必要なのです。普段当然と思ってしている生活習慣がむくみの原因になることも。それを見直せば、むくみも改善されてくるでしょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-むくみ
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.