高血圧

ふくらはぎを揉む・鍛えると血圧が下がる!?血圧を下げるふくらはぎマッサージと運動

更新日:

このページは『ふくらはぎを揉むと血圧が下がる?』と噂の方法を徹底検証してみたいと思います。

 

ふくらはぎは、高血圧の対策方法の中でも誰がやってもすぐに効果がある方法です。

高血圧に悩んでいる方は是非このページを読んで実践してみて下さい。

 

ふくらはぎを揉むと血圧が下がる!

 

ふくらはぎと血圧の関係は一見すると何もないように見えますが、ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれるほど血圧や血行に与える影響が多い部位なんです。

 

ふくらはぎを揉むと血圧は下がり安定します。この効果にはあまり個人差がありません。

ふくらはぎを揉んで血圧を下げる方法はだれが実践しても確かな効果が得られます。

ふくらはぎを揉むと血圧が下がり安定する仕組み

ふくらはぎは、心臓と違って、動悸が激しくなったり、鼓動を感じることもなく、存在感もありません。

 

ですが、しかし、ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるほど血流を送り出す役割を担っています。

心臓は人体の上部に位置するため血液を下に送る分には重力によって自然と下半身まで血液が到達します。

しかし、足から心臓に血液が戻る場合は、重力に逆らうことになりますので、大きな力が必要となります。

 

そこで血流を送り出す手助けをしているのがふくらはぎです。

ふくらはぎは筋肉や血管が密集している部位であるため、収縮することで血液に圧力をかけ、心臓から送り込まれた血液を再び心臓へ送り返すことが出来るのです。

ふくらはぎが衰えると血圧が上がる

心臓のサポートを行っていると言っても過言ではないふくらはぎが衰えると、血液を送り返す力が弱まるため血の巡りが悪くなります

そうなると何処かで血液の循環を正常化しなければいけません。

 

しかし、ふくらはぎ以上に血液を心臓に送り返すことが出来る部位は無いため、残された方法は弱まったふくらはぎの血液を送り返す力を補うほどの力で心臓から血液を送り出すしかないのです。

つまり、ふくらはぎが負担していたポンプ機能を心臓が担うことになります。

血管が拡張しているわけでも無いのに血液を無理に送り出すと当然血圧は上がってしまい、心臓に掛ける負担はどんどん増していくでしょう。

 

これがふくらはぎの衰えがもたらす高血圧の仕組みです。

 

血圧を下げるふくらはぎの揉み方・マッサージ方法

ふくらはぎは人体の中でも気難しい部位で、筋力が充分にあるからといって心臓の負担をカバーしてくれるわけではありません。血圧を下げるにはふくらはぎの筋肉を柔らかくほぐしておく必要があります

 

そのために効果的なのはマッサージでしょう。ふくらはぎをマッサージする際はふくらはぎ全体を満遍なく指圧してほぐさなければいけません。具体的なマッサージの方法をご紹介しておきましょう。

ふくらはぎの後ろ側のマッサージ

ふくらはぎの後ろ側をマッサージする際は両手の親指をふくらはぎの後ろ側に置き、残った指はふくらはぎの前側、ちょうど骨がある部分に沿えます。その後力強く親指でふくらはぎを指圧していきましょう。

 

膝裏の下からマッサージを始めてアキレス腱に到達するまでの部分を満遍なく指圧しておくとふくらはぎ周辺の血行が促進されます。しっかり押せたかどうかは血行の促進を感じられたかで判断すると良いでしょう。

ふくらはぎの両端のマッサージ

おそらくしっかりとふくらはぎの後ろ側をマッサージすると親指が疲れてしまっているはずです。握力にもよりますが両端を刺激するほどの力は残されていないでしょう。

 

そのため、ふくらはぎの両端をマッサージする際は両手の掌を使います。まず掌を開いて指を下に向けましょう。その後ふくらはぎと膝の骨の中間辺りに掌を添えます。その後は同じ要領でふくらはぎを刺激していきます。

 

上手く力が入らないようであれば、掌でふくらはぎを刺激する際、ぐりぐりと円を描くように力を込めてみましょう。両端と後ろ側をしっかりマッサージできれば既にかなりふくらはぎの筋肉がほぐれているはずです。

膝裏のマッサージ

一般的にふくらはぎのひとつには数えられませんが、膝裏にはリンパ節が密集しているため、マッサージをしておくと血圧を下げる効果が得られます。なので、ふくらはぎのマッサージの後一緒に刺激しておきましょう。

 

ふくらはぎの両端、後ろ側をマッサージした際は力いっぱい刺激していましたが、膝裏はふくらはぎと違い脂肪や筋肉がつきにくい場所であるためそこまで力を必要としません。優しく刺激することを心掛けて下さい。

 

やり方はふくらはぎの後ろ側をマッサージした時と同様親指を膝裏に当て、他の指を膝の更に起きます。その後、ふくらはぎをマッサージした時の半分くらいの力で満遍なくマッサージしていきましょう。

ふくらはぎを鍛えると血圧が下がる!?ふくらはぎの鍛え方

ふくらはぎは、血流の手助けに大きく関わっていますので、ふくらはぎが衰えると高血圧になります。

逆に、衰えたふくらはぎを鍛えると血圧が下がります。

 

ここでは、ふくらはぎを鍛える効果の高い運動をご紹介したいと思います。

ふくらはぎのスクワット

ふくらはぎの血圧を下げる効果はふくらはぎが柔らかくなっていることが欠かせませんが、同じようにふくらはぎに充分な筋肉がついていることも欠かせません。

 

そのため、ふくらはぎの衰えを予防し、血圧を下げるためにはふくらはぎの筋トレが必要となります。方法は簡単でつま先立ちの状態からかかとを地面に着けないよう上下させるというもの。

 

単純な運動ですがふくらはぎが衰えていると中々上手く出来ませんから、少しずつ鍛えていきましょう。目安としては1日10回5セットも行えば充分です。

ヒールやブーツを履く

女性であればヒール、男性であればかかとが高めのブーツを履くようにするとふくらはぎの筋力が高まります。ただし、この方法はマッサージとセットで行わなければいけません。

 

というのも、仕事中や外出中ヒールやブーツで歩き回ると、常にふくらはぎに力が込められた状態となるため、ふくらはぎがガチガチに凝ってしまうのです。そうなると血圧を下げる効果が得られません。

 

そのため、ふくらはぎを鍛えるためにヒールやブーツを履いた後はかならずマッサージをして、ふくらはぎが疲れてしまわないようにしましょう。

つま先を意識したウォーキング

習慣的なウォーキングは血行を促進させ、血管の拡張を誘発するため血圧を低下させることに繋がります。それに加えてウォーキングの際つま先に力が入るよう意識して行うと更にふくらはぎを鍛えることが可能です。

 

具体的にはウォーキングの最中、かかとを少し跳ねさせつま先で体重を支えるようにすると良いでしょう。やってみると分かりますがふくらはぎに力が入るはずです。

マッサージと一緒に行うとより効果的な高血圧サプリも検討してみて下さい。

高血圧を下げるサプリランキングヘッダー画像
【ガッツリ効く!】高血圧を下げるサプリメント口コミランキングBEST7

このページでは、『高血圧サプリメント』を検討してる方に向けたページです。高血圧を下げる効果のあるサプリメントはどんなものがあるか?また、どんな成分が高血圧を下げる効果があるのか?サプリメント以外で高血圧を下げるにはどうしたらいいか?など、高血圧の予防・対策をしたい方へわかりやすくまとめたページです。

まとめ

第二の心臓であるふくらはぎを鍛え、柔らかくほぐしておくと、血圧の上昇を抑制することが出来ます。しかし、ふくらはぎを意識した生活を行っているからと言って生活習慣が乱れてしまうと意味がありません。

 

血圧はあらゆる要素で上下するため、ふくらはぎを鍛えたりほぐしたりするだけでコントロールするのは不可能なのです。

 

なので、今回ご紹介したふくらはぎのマッサージや鍛え方を実践すると共に普段の生活の中で高血圧になるような習慣してしまっていないか今一度チェックしてみましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-高血圧
-, , , , , ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.