ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

わきが

人には言えない女性の「すそわきが」の悩み!その発生メカニズムと対策とは?

更新日:

すそわきが」とは、デリケートゾーンである陰部から特有の異臭が発生する症状のこと。正式な名称は「外陰部臭症」で「すそわきが」は通称名です。男性よりも女性に多く見られる遺伝的体質症状なのです。「すそわきが」ともなれば、女性にとっては深刻な悩みです。この「すそわきが」の特徴や判別方法、臭い発生のメカニズムや臭い緩和の対策などについて詳しくお伝えします。

 

すそわきがとは?

すそわきが」とは通称名で、正式名では「外陰部臭症」といいます。あのデリケートゾーンの陰部から異臭が発生する症状を指します。「すそわきが」は「わきが」と同様に遺伝的な体質症状で、「わきが」のある人には「すそわきが」もあるのが通例です。しかも男性よりも女性の方が出やすい症状なのです。

 

すそわきがの原因は、外陰部にあるアポクリン汗腺から出る汗です。この汗には、水分以外に脂肪や尿素やアンモニアなどが含まれています。これらの成分が皮脂腺から分泌される脂肪酸などと入り混ざって、皮膚の常在菌によって分解されることで臭いが発生するとされています。

 

すそわきがの特徴

遺伝的体質

「すそわきが」も「わきが」も病気ではないので他人に移染することはありません。「遺伝的わきが体質」の継承によって引き起こされます。両親の両方とも「わきが」の場合には80、片方だけの場合でも50の確率で遺伝するとされています。

 

「遺伝的わきが体質」とは、生まれながらにして、アポクリン汗腺の数が遺伝的に多い体質です。わきが体質ではない人が、突然にわきが臭を発生するというような状態になることはありません。日本人のわきが体質の人の割合は10%(10人に1人)程度です。

 

男性より女性に多い

「すそわきが」は、男性より女性に多く見られる傾向があります。その理由は、男性よりも女性の方にアポクリン汗腺が多く分布しているからです。さらに皮下脂肪の多い女性は、アポクリン汗腺から汗をかきやすく、皮脂腺からの皮脂の分泌も多くなると考えられます。

 

また女性特有の生理周期と陰部の形状に原因があると考えられています。女性の陰部は蒸れたり、臭いがこもったりしやすい上に、生理の経血やおりものなどと重なると臭いが発生しやすいと考えられます。

 

生理や性的興奮で臭いが強くなる

女性は生理中や性行為によって「すそわきが」の臭いが強くなります。生理中は経血やおりものなどの臭いとも重なるためです。また性行為による性的興奮は、アポクリン汗腺を刺激するとされています。

 

「すそわきが」であれば「わきが」も併発する

わきが臭の原因となるアポクリン汗腺は、脇下、陰部、乳輪、耳中に集中しており、「すそわきが」があれば、「わきが」も当然おこります。また女性では乳輪から臭いが出ることもあります。

 

「すそわきが」であれば「軟耳垢」も併発する

また耳の中の垢が湿った状態を、「軟耳垢(なんじこう)」といいますが、これもアポクリン汗腺が異常に分泌されて起こる症状なのです。この軟耳垢の症状がある人の約80が「わきが」であり、逆に「わきが」の症状がある人の約98が軟耳垢も併発しているとされています。

 

すそわきがの臭いの特徴

すそわきがの臭い」は、脇下の「わきが臭」とほぼ同じような臭いがあります。しかし、特に女性の場合には、生理臭やおりもの臭などと重なり、異なった臭いが発生することもあります。

 

「すそわきが」の特有の臭いは、「腐った玉ねぎの臭い」「納豆の臭い」「使い古し雑巾の臭い」「鉛筆の芯の臭い」などに比喩的に表現されます。女性の生理の臭いやおりものの臭いと重なって「チ―ズが腐った臭い」に感じる場合もあります。複雑で特有の臭いがあるため、その感じ方は人それぞれです。

 

すそわきが臭の発生メカニズム

すそわきが臭」や「わきが臭」の発生に大きく関わっているのが「アポクリン汗腺」です。脇下、乳輪、外陰部、耳中に集中的に分布しています。アポクリン汗腺からは「アポクリン汗」と呼ばれる汗が発汗され、80%が水分で、残り20%にはタンパク質や脂質(脂肪)やアンモニアなどの成分が含まれています。

 

アポクリン汗腺から発散されたタンパク質や脂肪やアンモニアは、「エクリン汗腺」から発汗された普通の汗(水分)によって拡散され、「皮脂腺」から分泌された脂肪酸と混ざり合います。これらの成分を絶好のエサとする皮膚の「常在菌」が繁殖して分解されることで特有の腐敗臭を発生させるのです。

 

しかも陰毛脇毛は、アポクリン汗腺や皮脂腺から分泌される成分を、滞留させる役割を担います。つまり陰毛や脇毛が常在菌の作用によって生成された特有の腐敗臭を保留していることになるのです。「すそわきが臭」や「わきが臭」が発生した時に、陰毛や脇毛が白くなっている症状は、まさにこのような影響に因るものなのです。

 

すそわきが臭の原因

すそわきが臭の原因となるものには、臭いそのものを生成する根本的な原因をはじめとして、臭いを滞留させる原因や臭いを強くさせる原因などが多様に重なりあっています。

 

アポクリン汗腺

すそわきが臭の汗」は、脇下・陰部・乳輪・耳中などの局部に集中する「アポクリン腺から出る汗で「アポクリン汗」といいます。アポクリン汗の成分には80%の水分以外に、タンパク質や脂肪やアンモニアなどが20%含まれ、ネバネバ感やベタベタ感があります。このアポクリン汗が、すそわきが臭の原因とされています。

 

皮脂腺

皮脂腺」は、体毛1本ごとの毛穴に存在しほぼ全身に分布しています。皮脂腺からは汗ではなく皮脂が分泌され、中性脂肪やコレステロールや脂肪酸などの成分で構成されています。この皮脂腺から分泌される成分も、すそわきが臭の発生の原因になっています。

 

常在菌

すそわきが臭」が放つ特有の腐敗臭を生成する根源は、皮膚に存在する「常在菌(じょうざいきん)」です。常在菌とは、病原性のない微生物細菌のことで、人の体内では腸管内に最も多く生息し、脇下、陰部、口腔や鼻腔などを含む皮膚全域に分布しています。この常在菌が、アポクリン汗腺や皮脂腺から分泌される、タンパク質や脂肪分を分解してエサとすることで異臭が発生するのです。

 

濃くて長い陰毛

濃くて長い陰毛」のある陰部は、常在菌にとって絶好の楽園となります。アポクリン汗腺と皮脂腺から分泌されたタンパク質や脂肪分などを、陰毛が滞留させてくれるからです。また常在菌が生成した腐敗臭を陰毛がいつまでも滞留させます。陰毛の先が「白く」なっていれば、明らかにこの兆候があるという証拠なのです。

 

ストレス

同じわきが体質の人であっても、ストレス」を抱えると「すそわきが臭」をより強くします。ストレスは、「自律神経の乱れ」や「免疫力の低下」や「活性酸素の増加」を引き起こします。活性酸素は、体内の過酸化脂質(中性脂肪・コレステロール)を生成・増加させ、アポクリン汗腺からの分泌量を増加させてしまうのです。

 

食生活

すそわきが臭」の原因は、アポクリン汗腺や皮脂腺から分泌されるタンパク質や脂肪分などの成分にあります。動物性脂肪食」を中心にした食生活は、アポクリン汗腺や皮脂腺からの分泌を刺激して、より強い「すそわきが臭」を発生させる原因となります。

 

すそわきがの判別方法

「すわきが臭」は、他人には敏感に感じ取られて嫌忌されても、自分は鈍感で気付いていないことが多いものです。自分自身は、慣れのせいで当たり前の臭いになってしまっているのです。しかし他人は、女性のあなたにはなかなか言いづらく教えてくれません。そこで自分自身のセルフチェックで判別する方法を知っておくことが大切です。

 

下着の黄ばんだ汗じみ

アポクリン汗腺から出るアポクリン汗は、少し黄色くにごっています。下着に「黄ばんだ汗じみ」が残っている場合は、「すそわきが」の症状である可能性が高いと言えます。またアンダーシャツの脇下部分にも黄ばんだ汗じみがあると、「わきが」も併発している可能性があります。

 

湿った耳垢

耳の中にもアポクリン汗腺が集中的に分布しています。「軟耳垢(なんじこう)」という耳の中が湿っている状態であれば、約80の確率で「すそわきが」や「わきが」の症状が見られます。

 

乳輪の臭い

女性の乳首の周り・乳輪にもアポクリン汗腺が多く分布しています。乳輪から臭いがしている場合には、「すそわきが」になっている確率が高いといえます。

 

濃い陰毛と白い毛先

アポクリン汗腺は毛穴に存在します。陰毛の1本1本が太く、しかも1つの毛穴から2本くらい生えている濃い陰毛だと、アポクリン汗腺の本数が多い体質の可能性が高くなります。また陰毛の先に白い粉状のものが残っていれば、さらに「すそわきが」の確率が高くなります。

 

両親もわきが

「すそわきが」は、「アポクリン汗腺の多い体質」として優性遺伝された症状です。両親が両方ともに「わきが」であれば、約80%、片方だけが該当しても約50%の確率で「わきが体質」として遺伝されています。

 

すそわきがの対策

「すそわきが」の対策としては、「自己での対処法」とクリニックなどの「専門機関での治療法」とがあります。自己での対処法においては、「すそわきが体質」そのものを根絶することはできません。一時的・断続的に、「すそわきが臭」の発生を予防・緩和することが狙いです。

専門機関での治療法」では、すそわきが臭の発生源であるアポクリン腺を手術・除去することで半永久的に「すそわきが」を根絶することができます。しかし陰部だけのアポクリン腺を除去しても、脇下や乳輪などの他の局所からの「わきが」は残る可能性があります。

 

自己での対処法

自己で行う主な対処法としては「陰毛の処理や脱毛」「消毒による常在菌の殺菌陰部を清潔に保つ」などがあります。

 

陰毛の処理や脱毛

陰毛の処理や脱毛によって、外陰部にアポクリン汗腺からの分泌物の滞留を防止します。常在菌の増殖を防止して、「すそわきが臭」の発生や滞留を抑制します。

 

消毒による常在菌の殺菌

薬局などで市販されている消毒用の「エタノール水溶液」や「イソプロパノール水溶液」を外陰部に塗布して常在菌を殺菌します。陰毛の処理や脱毛を行った後で、併用するとより効果が高められます。また「制汗剤」には、発汗の抑制とともに常在菌を殺菌する効果もあります。

 

陰部を清潔に保つ

トイレの際にビデなどで陰部をこまめに洗い流せば、臭いの緩和が期待できます。特に生理中などでは、経血やナプキンの中で蒸れた汗をキレイに洗浄することが大切です。また入浴の際には、低刺激性の石鹸などで、陰部の汚れを丁寧にキレイに洗い落とすことも重要です。

 

「すそわきが臭」をあまりにも気にし過ぎて、ゴシゴシと強く擦ってしまうとデリケートゾーンにダメージを与え、かえって雑菌が増殖する原因となり逆効果となります。低刺激性の洗浄剤と丁寧で優しい洗い方に留意して、陰部を清潔に保つことで臭いを緩和することができます。

 

専門機関での治療法

皮膚科や形成外科や美容外科などの専門機関での、主要な治療法は大きく分けると、「注射によるアポクリン汗腺抑制」と「アポクリン腺の除去または破壊」とがあります。それぞれの専門医によって具体的な処置方法も技術も費用も異なってきます。

 

専門機関で治療を受ける際には、自分で入念によく調べて費用対効果を良く検討して選ぶことが重要です。また事前に十分なカウンセリングを受けて納得した上で判断することも大切です。

 

まとめ

女性にとっては、「すそわきが」ともなると深刻な問題です。しかし遺伝的なわきが体質そのものを治すことはできませんが、自己の正しい対処法によって「すそわきが臭」を緩和させることができます。すそわきがの原因やメカニズムを十分に理解した上で、正しい予防法や改善方法を身に付けることが大切です。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-わきが
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.