ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美容

気になるおでこのテカリ!おでこの脂の原因と解決法とは?

投稿日:

おでこのテカリが気になる。そんな悩みを抱える方は意外と少なくないのではないでしょうか?
[br num="1"]
ケアしてもケアしてもちょっと時間が経つとまたテカテカ・・・前髪を下してなるべくおでこを露出させないようにすると、髪の毛がベタついてそれはそれで微妙な感じに。そんなことが続くと人前に出るのも嫌になってしまいますよね。
[br num="1"]
脂肌が続くとニキビの要因になったりと見た目の問題以外にもデメリットがあります。でも脂がないとないで乾燥してしまったり・・・結局はバランスの良い肌質を目指すしかないのですね。
[br num="1"]
今回はおでこの脂に悩まされている方に向けて、まずは何よりなぜおでこがテカテカになってしまうのか、その原因を探りながら、具体的な解決策を探し出していきたいと思います。

おでこ脂の原因は?


テカテカに輝くおでこ。もちろん原因は脂。もっと言えば人間だれしもが皮膚から分泌されている皮脂が原因です。当然誰でも分泌されているわけですから、おでこがテカテカになっていない人でも皮脂は分泌されているはず。それなのに人によっては目に見えるくらいにテカテカしてしまうのは何故なのでしょうか?
[br num="1"]
これは要は人よりも過剰に皮脂が分泌されてしまっていることが原因です。適度に分泌される分には肌にうるおいを感じさせる皮脂ですが、過剰に分泌されて浮いて見えるようになるとテカテカおでこが出来上がってしまうんですね。
[br num="1"]
ではなぜ皮脂の分泌に差が生まれてくるのでしょうか?
その要因をまずはまとめてましょう。おでこの脂に悩まされている方は自分がどれに当てはまるのか考えてみてくださいね。

もともとの体質

生まれ持った体質で皮脂が分泌されやすい傾向にある人がいます。特に顔は皮脂を分泌する皮脂腺というものが多く張り巡らされていますので、もともと分泌されやすい方は顔周りに脂っぽさを感じることが多いかもしれません。
[br num="1"]
また、加齢によって毛穴が開くことで若いときよりも皮脂がたくさん分泌されているように感じることもあります。逆に若いとき、思春期の時期は皮脂が分泌されやすくなりますのでニキビなども出来やすかった経験のある方も多いのではないでしょうか?
[br num="1"]
この辺りのもともとの体質や年齢的なことが原因となっている場合はこまめにケアすることで処理するか、皮膚科などでお薬をもらって対処するというのも一つの手段になってくるでしょう。

スキンケアのやりすぎ

徹底したスキンケアをする人も少なくないと思います。特に気になる部分があればあるほどその部分はみっちりやってしまいがち。でもそれが逆効果になることも。
[br num="1"]
特に皮脂は除去しようとすればするほど、身体が皮脂が足りないと判断して余計に分泌してしまいます。皮脂除きに関しては適度なスキンケア法を学ぶことも大切な要素になります。

生活習慣

乱れた生活習慣は身体の様々な部分に害を与えます。人によってその出方は異なりますが、皮脂の過剰分泌も乱れた生活習慣からおこる症状のひとつです。
[br num="1"]
皮脂の過剰分泌を促してしまう生活習慣には以下のようなものが挙げられます。

糖分や脂質の摂り過ぎ

糖分や脂質を多量に摂取すると皮脂の分泌が多くなると考えられています。

ストレス

生活習慣の中でも特に様々な症状を引き起こす引き金となるストレス。ストレス自体が皮脂の分泌を促す側面もありますし、ストレス単体というよりも他の要因と重なってストレスが皮脂分泌を増加させるトリガーのような役割を持つこともあるでしょう。

タバコやお酒

タバコやアルコールのような嗜好品は過度に摂取すると皮脂分泌に繋がります。

睡眠不足

睡眠不足や不規則な睡眠はホルモン分泌を妨げ、正常な肌を維持できなくなる要因になります。
[br num="1"][br num="1"]
こうやって見てみると先天的な肌質や年齢問題を除けば、皮脂分泌の要因は肌トラブルをはじめとした美容トラブル全般に対して気を付けるべき点であることが分かると思います。
[br num="1"]
そのために重要なのはまずは生活習慣の改善からになるでしょう。

生活習慣を改善して脂を抑えよう


皮脂トラブル、おでこの脂に限らず、あらゆる美容トラブルの要因は生活習慣にあります。先天的な体質やケア方法はもちろんですが、まずは生活習慣を整えることで美容の基礎を作らなければなりません。
[br num="1"]
かといっていきなり甘いものを食べるな、嗜好品はやるな、夜更かしするなといっていたら今度はストレスを溜めてしまうので結局悪循環です。
[br num="1"]
大切なのは出来ることから少しずつ。甘いものをやめられなければ量を減らす、夜更かしはやめる、食べた分だけ運動するなど少しずつ改善していくことが大切です。出来る部分だけ改善するだけでも基礎力は向上するはずですからね。
[br num="1"]
先ほど挙げたおでこの脂を増加させる生活習慣の要因の中でも特に睡眠と食事は重要です。
[br num="1"]
睡眠不足は総合的な肌荒れの要因にもなりますので、なるべく毎日規則正しい時間に睡眠をとるようにしましょう。ゆっくりたっぷりと睡眠をとることで自律神経が整い、過剰分泌も少しは落ち着くはずです。睡眠はストレスが強いと低質なものになりがち。そのために適度に甘いものを食べたり、嗜好品を楽しむことは決して悪いことではありません。
[br num="1"]
食事に関しても、甘いものも少しは食べるけれど、ちゃんと栄養バランスのよい食事をしっかりした上でのデザートとして位置づけるように心がけましょう。バランスのよい食事をしっかりとしていることが大切。食べ過ぎてしまった分はしっかりと運動をすることでリセットするようにすれば大丈夫です。
[br num="1"]
さて、生活習慣をしっかりと整えたら続いては正しいスンケア法を学びましょう。
ちょっとしたことに気を付けるだけでもおでこの脂問題は改善されるかもしれません。

正しいスキンケア法を学ぼう


おでこの脂が気になる方が生活習慣と共に気を付けたいのがスキンケア。スキンケアはやらないのは論外ですがやりすぎもNG。皮脂は人体必要だから分泌されているので、とり過ぎてしまってもいけません。また適度な保湿なども重要。乾燥肌は逆に皮脂の分泌を促してしまうことも。
[br num="1"]
ここではスキンケアで気を付けたいポイントをいくつかご紹介します。

自分に合った洗顔剤を

さまざまな種類の洗顔が発売されていますが、まずは自分にあった洗顔剤を購入・使用するとこが大切です。皮脂が気になるからと言って皮脂に強い洗顔が一概に良いとは言い切れません。
[br num="1"]
強すぎるクレンジングは乾燥肌を招いて別の面で肌を痛めたり、皮脂の分泌を過剰にする可能性も。もし洗顔あまりこだわりのない方は、まずは自分に合う洗顔探しからはじめましょう。いくつかの洗顔を試してみて自分にあう洗顔剤を見つけるだけでも肌トラブルは改善されるはずです。

保湿をしっかりと

乾燥性脂性肌という症状があります。これは肌が乾燥気味がゆえに身体ががんばって皮脂を分泌しようとしている状態。この状態ではおでこの脂はなくなりません。そのためには乾燥肌を改善し、常に潤いのある肌を保つことが大切です。
[br num="1"]
洗顔をした後など、しっかりと保湿クリームをぬるなどして乾燥しないようにを付けることで皮脂がぴたっと出なくなるかもしれませんよ。

過度な洗顔や脂取りをやめる

皮脂汚れにコンプレックスのある人ほど洗顔や脂取りを何度もやってしまいがち。しかしこれは逆効果です。あまりやりすぎると乾燥性脂性肌を悪化させるばかりか、肌そのものを傷つけて肌荒れが悪化してしまいます
[br num="1"]
おでこのテカリが気になる方も、必要以上に脂取りをするのではなく、まずは生活習慣と洗顔の仕方を改めることで改善を試みましょう。

おでこの脂は改善できる!

おでこの脂は一生懸命脂取り紙で除去しなくても、根本的な原因を解決することで改善できる余地があることが分かって頂けたと思います。これを機会におでこが気になる方は生活習慣や洗顔の仕方を見直してみましょう。
[br num="1"]
それでも改善できなければ皮膚科に相談してみるのもアリですね。
[br num="1"]
まずは手軽にできるところから改善を試みるとよいでしょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-美容
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.